消耗品の交換箇所が複数出てきて、その費用がかなり高額になってしまうような場合には、思い切ってリフォームした方が結果的にお得な場合もすくなくありません。

また単純ですが、全体的に古くて傷みが激しい場合には、毎日使うものなので気分よく使うためにもリフォームするのがいいでしょう。

洗面台の耐用年数はどのくらい?

一口に洗面台の耐用年数といっても、その内容は様々です。

陶器製の洗面ボウルなどは比較的寿命が長く、パッキン関係などの消耗品と呼ばれているものは、点検時に問題があれば随時交換しなくてはいけません。

そろそろ寿命…?洗面台の寿命のサインとは

洗面台の寿命は、

一般的には15年から20年

と言われていますが、使い方によってはそれよりも短くなる場合もあれば、逆に長くなる場合もあります。

大きな目安としては、洗面ボウルにひび割れが生じている、もしくは、排水管が劣化していたり、そこにあるナットやボルトが緩んで水漏れを起こすような場合には、もう寿命と考えていいかもしれません。

洗面台リフォームで何が変わる?

朝起きると、まずは洗面台に向かう人も多いですよね。洗面台をリフォームすることで、一日の始まりを気分よく迎えることができます。

また、洗面台を変えることで、使い勝手が良くなりますし、来客時にも自信をもって洗面所に案内することができますよね。

洗面台リフォームの前に洗面化粧台の種類を確認しておきましょう

洗面化粧台は、洗顔は洗髪、化粧などができるように水栓、シンク、鏡や棚などを備えた一体型の設備ユニットのことを言います。

色々な種類があるので、リフォーム前に確認しておきましょう。

ユニットタイプ
洗面器が一体になっており、システムキッチンと同じように、水栓金具やカウンター、洗面ボウルなどを自由に組み合わせできるタイプ。洗面室の大きさに合わせて、オリジナルな洗面スペースを作ることができます。
システムタイプ
一般的な据え置きタイプで、コスト的に一番低く抑えることが可能なタイプと言えます。組み合わせも多種多様で、オリジナリティを出すこともできます。
カウンタータイプ
カウンターが付いておりサイドが広めのものになります。カウンター、洗面ボウル、鏡などを組み合わせて作る、オリジナルな洗面台です。高さや幅も、洗面室に合わせて自由に決めることができます。
ユニバーサルデザインタイプ
ユニバーサルデザインタイプはその名の通り、お年寄りや障害、体格に関係なく、誰でも使いやすいようにデザインされたタイプのものを言います。子ども達が独立して、自分も高齢になってきたタイミングでこのタイプにリフォームする方も多いです。

洗面化粧台リフォームの費用について

洗面台、洗面室のリフォームについては

  • 洗面台本体
  • 洗面室の壁紙などの諸費用

の大きく2つに分けられます。

洗面台自体の値段

一般的な洗面台の場合、間口が60cmから75cmのものが多く、シンプルなものであれば、5万円までで購入できるものが多いです。

収納キャビネットや鏡などの装備を充実させても、普通のグレードのものであれば、10万円前後で購入できるでしょう。

洗面台工事費の費用

洗面台を取り換えるだけであれば、3万円から5万円が目安と言われています。

壁紙や床材なども新たに交換する場合、広さにもよりますが、最低でも10万円以上はみておいた方がいいかもしれません。

安く済ませるには?

洗面台全体のリフォームにかかる相場は、その規模にもよりますが、およそ20万円から40万円あたりの方が多いようです。

洗面台はきれいにしたいけど、「いきなり40万円はキツイ…」という人におすすめなのは、

一部を交換すること

です。

例えば、一番目につく洗面ボウルだけの交換であれば、2~3万円前後でできるでしょう。

業者選びのポイント

決して安い費用ではない洗面台のリフォーム。後悔しないためにも、慎重に業者を選びたいですね。その時に、どのようなポイントに気をつければよいでしょうか。

もっとも大切で効果があるのは、実際にいくつかの業者を回ってみることです。

そのうえで

見積もりをとって、比較すること。

一つの業者だと、どうしても相手のペースで話を進められてしまうことも少なくないため、相場というものが分かりにくくなってしまいます。また、ホームページなどで施工例が紹介されているところは、実際に確認できるので、信用度は上がるかもしれません。

さらに、アフターサービスがどのようなものかも、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

手っ取り早く見積り相場を確認できる方法あります!

知り合いや身内に関係者がいない限り、どこに頼めばいいのか、また何を基準にして業者を選べばいいかわかりませんよね。

その上、相場の確認や価格の比較で何社も見積もりに回らないといけないと思うと気が遠くなる話です。

そこでおすすめしたいのが、
リフォーム業者を無料で紹介してくれるオンラインサービス「リノコ」。

洗面台リフォーム時の

見積もり相場がすぐにわかり、

工務店の紹介からリフォームが終了するまで、サポートスタッフがきっちり対応してくれる安心のサービスとなっています。

見積もりを依頼したからといって、絶対に契約しないといけないということもありませんので、まずは見積もりだけでも…という方にもおすすめです。

また、自宅から近い工務店を紹介してくれるのですが、優良業者のみがサービスに登録されているので、悪徳業者に騙されるといった心配もありません。

業者選びに苦戦している方やこれからお探しの方は、ぜひご活用ください。

洗面台リフォーム工事の流れ

まずは業者をいくつかまわって、話を聞いてもらい、見積もりをもらいましょう。

リノコのようなオンラインサービスを使えば、自宅にいながら見積もり比較がかんたんにできますよ。

具体的な業者が決まったら、細かい費用や日程を決めて、着工、工事完了です。

リノコで依頼した場合は、価格の交渉や相談などすべてをサポートスタッフが代行してくれるので、工務店との面倒なやり取りは必要ありません。工事以外をネットで完結することで、手間と時間を短縮することができます。

洗面台を選ぶ時のコツ

たくさん種類のある洗面台。いざ、リフォームするとなると、どれがいいのか迷いに迷って訳が分からなくなってしまいますよね。

どんなところに注意して、選べばよいのでしょうか?

実際にショールームへ行く

カタログなどで紹介されている写真と、実際に自分の目で見るのとでは、かなりの差があります。

思っていたよりも大きい、小さい、手触り、質感など、実際に目で見て触れることで分かることはたくさんあります。

できる限り、ショールームへ行きましょう。

サイズに注意

ショールームへ行く時は、自分の家の洗面室のサイズをしっかりと計ってから行きましょう。その際、運び込む時のことも考えて、廊下や入り口から搬入できるかも確認しておきましょう。

収納などの使い勝手はどうか

実際に、自分たちが日々、使っていくことを想像しながら、どこに何を収納するなど考えて選んでください。デザインだけに気を取られず、引き出しの容量や、開ける方向、鏡の大きさなどもチェックしておきましょう。

お手入れのしやすさは?

購入時に意外と盲点なのが、お手入れのしやすさ。実際に使ってみないと、どこがどう汚れるかは分かりにくいので、ショールームで担当の方に、実際の手入れの仕方について聞いてみるのもいいかもしれません。

自分の目的に合っているか

子どもが独立して、自分たちが高齢化していくような場合など、過度に色々な装備がついているものよりも、シンプルなユニバーサルデザインのものがいいでしょう。

業者にしっかりと目的を伝え、自分たちの目的にあったタイプを選びましょう。

洗面台リフォームのよくある質問

見積もりや相談は無料ですか?
多くの業者では、見積もりや相談は無料でされています。気軽に相談という感じでも、親切に応対してくれるところが多いです。
少しでも安く済ませるには?
業者さんが開催するお客様感謝セールや、アウトレット品を利用することで、タイミングが合えば、お得に洗面台のリフォームすることができるかもしれません。
洗面台を作っているメーカーは?
国内の洗面台の主なメーカーは、LIXIL、TOTO、パナソニック、ノーリツ、タカラスタンダード、クリナップなどがあります。そのうち、LIXILとTOTOで7割のシェアを占めていると言われ、特別な思い入れのあるモデルがなければ、この2社から選ぶのもいいかもしれません。
最近の流行りは?
デザインを自分で好きなようにアレンジしやすい、カウンタータイプの洗面台が人気です。あらかじめ収納がついていない、もしくは少ないものが多いので、お手入れもしやすく、清潔に保つことができるからです。
リフォームにかかる時間は?
実際の工事自体は、半日から一日で終わることがほとんどのようです。ただ、規模によって、バリアフリー化したりする場合などは、もう少し日数のかかることもあるようです。

まとめ

洗面台は歯磨きや化粧など、ほとんどの人が毎日使うものです。

壊れていたり、汚れていて清潔感がなかったりすると、気分も晴れませんよね。

是非、自宅の洗面台をリフォームする際は、今回の記事を参考にしていただければと思います。