車31

車のヘッドライトは、前から見た時にはその車の顔ともいえる大きな存在となり、

ヘッドライトが黄ばんでいるとなると古い車のようにも見えて格好が悪いものです。

このヘッドライトの黄ばみの原因は、

素材でもあるポリカボネートにあります。

かつては、ヘッドライトはガラス製が使用されていましたが、今日では衝撃にも強いことや透明性が高いこと、素材が軽くなることで車体の重さも軽くできる点などからポリカボネートは主流となってきています。

しかし、ポリカボネートという樹脂は

経年劣化しやすいことにプラスして、

屋外に車を置くこともあるので

紫外線や熱による劣化であったり、

車30

洗車機で車を洗ったことによる

細かな傷が原因となる劣化

によって黄ばんでしまうのです。

黄ばみ取りは、カー用品店で材料を購入して自分でも行うことができますが、

プロのスタッフに仕上げてもらうサービスも用意されています。

プラスして、これ以上黄ばみを増やさないためにもコーティング加工を施しておくと良いでしょう。

ヘッドライトの黄ばみは車検に光量不足で通らなくなる!?

車32

ヘッドライトは夜間走行に不可欠です。暗い夜道の進路を照らします。

そのためにも

ヘッドライトが黄ばんでくると

光量が足りなくなり、

安全運転に支障をきたす

ようになるのです。

放置するとヘッドライト黄ばみは進行し、こすっただけでは落ちなくなります。

専用のヘッドライトクリーナーや、ブラシなどを使えば比較的簡単にきれいにすることはできますが、また再びすぐに黄ばんでくるでしょう。

ですのでホームセンターのカー用品コーナーに足を運んでみたりして、種類や目的に応じて、掃除用具はチョイスすべきです。

車33

汚れが軽い間にクリーニング

しておけば、プロのお世話になる必要はありません。

コストは掛かりますがヘッドライト黄ばみを放置すると、最悪の場合車検が通らない事になります。

車検が通らないとマイカーが使えなくなります。

車検は車の健康診断であり、世間では他の部分がよく話題になりますが、汚れが蓄積し光量不足が起きるとライトの問題で車検切れになる恐れがあり、普段からの対策が重要です。