車72

車のアイドリング時に、

座席がガタガタ揺れていたり

ペットボトルの中身が波打っている

と言ったような

振動を感じることがある場合

おそらく

エンジンマウントが劣化

している可能性が大きいと言えます。

車71

エンジンマウントとは、エンジンを支えている部品となっており、車体とエンジンを金具で固定しているのですが、その間に硬いゴムが取り付けられた物のことを言います。

このゴムが車が走っている最中にエンジンの振動を吸収してくれるのですが、これが劣化してくると振動の吸収率が悪くなり、結果としてガタガタと揺れてしまうといった状況になります。

そのため

エンジンマウントを交換

すれば振動がおさまると言えるでしょう。

車74

一般的にエンジンマウントは

10万キロ走った時に交換時期

が来るとされています。

もしアイドリング時に振動を感じ始めたなら、まず走行距離を確認しましょう。

そして長距離を走っている車であれば、エンジンマウントの劣化の可能性を考えながら、修理に出すことをおすすめします。