oil01

「エンジンオイル汚れてますねぇ交換します?」

なんて言葉をガソリンスタンドやカー用品店で言われたことはないでしょうか?

『汚れているなら交換したほうがイイよね』と思って交換している方!

エンジンオイルが何たるかを知らない

ドライバーの多いこと!

車のメンテナンスの基本とも言える

エンジンオイルの疑問
スッキリ解決したい

と思います!

そもそも エンジンオイル とは何か

oil05

まず説明に入る前に

エンジンオイルが何か

を説明しますね。

教習所でも「日常点検」の学科等で習うので、エンジンオイルは文字通り

エンジン内部を循環しているオイル

くらいは理解されていると思います。

もちろん、オイルと言っても私達が日常で見るような「油」ではありません。

1秒間に何度も燃焼工程を繰り返し、高温になるエンジン内部を循環する訳ですから、エンジンオイルは非常に特殊なオイルなのです。

では具体的にエンジンオイルはどのような役割を果たしているのでしょうか?

エンジンオイル の役割

非常に特殊なエンジンオイルは、その役割も通常のオイルとは異なります。

エンジンオイルの役割は主に5つありますので一つずつご紹介しますね。

潤滑

oil02

エンジンオイルの役割の1つ目

それは『潤滑』です。

つまり各動作を『なめらか』にしているのです。

エンジン内部では、ピストンをはじめ、様々な金属のパーツが駆動しています。

もし『潤滑』の役割を果たす

エンジンオイルが無く

金属同士が直接こすれ合うとどうなるでしょうか?

極度の摩擦で今以上にエンジンは高温になり、金属同士で傷を付けるためエンジンの耐久性は極端に低下するでしょう。

防錆防蝕

またエンジンオイルには

サビを防ぐ役割があります。

エンジンは金属出てきているため、水分に非常に弱く、また内部は精密であるため

金属のサビから保護する必要があります。

しかし、

エンジン内部には水分が多く存在

しています。

例えば、燃焼するためには混合気、つまりガソリンと「気体」が必要になります。

エンジン始動中は、燃焼により水分も蒸発していますが、エンジンを停止させると気体は冷やされ水滴となり、エンジン内部にとどまります。

その他にもエンジン内部には、水分が生じる要因が数多く存在しており、そのためサビを防ぐためのエンジンオイルが必須となるのです。

冷却

oil04

ご存知の通り、

エンジンは燃焼工程により高温になります。

そのために、エンジンにはウォータポンプで水を循環させる冷却装置が備わっています。

しかし、冷却水がエンジンの全ての箇所を循環出来るわけではありません。

例えば、エンジン内部の水分は大敵です。

そのため、冷却水が循環出来ない特にエンジンの内部を

エンジンオイルで冷却しているのです。

気密保持

oil11

エンジンを始動させるための

3つの要素をご存知ですか?

  • 良い点火
  • 良い圧縮
  • 良い混合気

この一つでも欠けると、エンジンは正常に動きません。

特にエンジンオイルは

「良い圧縮」を行うために必要です。

本サイトでエンジンが動力を生み出すのは、ピストンの運動によるものだと説明しました。

ピストンが運動し空間を燃焼室内の空間を押すことで、気体を「圧縮」し「良い混合気」を作り出します。

しかし、ピストンとピストンが収まっている筒(シリンダー)には、僅かな隙間があります。

完全密着していれば、ピストンの運動を妨げるためです。

でも隙間があると、圧縮できませんよね?

そのために、エンジンオイルがあるのです。

エンジンオイルがピストンとシリンダーの間に入り込むことで

「気密を保持」

圧縮工程を助けているのです。

洗浄

oil15

エンジンが始動すると燃焼工程により排ガスが発生します。

工場などの煙突が、煙で汚れるのと同じくエンジン内部も排ガスで

「汚れ」が生じます。

またエンジン内部では、ピストンをはじめ金属が稼働し削れ

「ゴミ」が生じます。

エンジンオイルは「汚れ・ゴミ」を吸収し

エンジン内部をキレイに保つのです。

エンジンオイルの役割は需要です。

どうして オイル交換 しないといけないの?

oil17

参照:http://cleanyourcar.jp/index.html

先にも説明したようにエンジンオイルは、洗浄の役割を果たしています。

お掃除で汚れた雑巾をバケツの水で絞るとバケツの水は濁ります。少しの濁りだと、雑巾の汚れは落ちますがバケツの水の濁り(汚れ)がヒドくなると、雑巾の汚れが落ちないのと、同じように

エンジンオイルも汚れがヒドくなると

その役割を果たす能力が低くなるのです。

そのため、エンジオイル交換は必須なのです。

エンジンオイルの継ぎ足しはダメなの?

oil14

そもそもエンジンオイル「継ぎ足し」とは?

と思われるかもしれませんね。

実は、エンジンオイルは減ります。

エンジンの接合部から漏れていなくても

エンジンオイルは消費されるのです!

消費要因は幾つかありますが、主にエンジンオイルが燃焼室で混合気と共に燃焼されることで消費されます。

因みに、このオイル消費は故障ではありません、ご安心下さい!

さて、正常消費された分のオイルを「継ぎ足す」とどうなるのでしょうか?

答えは「直ぐ」にはどうもなりません。

恐らく、問題なく正常に走行するでしょう。

実際にエンジンオイルを定期的に交換するのは日本だけとも言われています。

もちろん、国民性で「継ぎ足し」をおススメしない訳ではありません。

「継ぎ足す」ということは

「新しいオイル」と「古いオイル」

混ざるということです。

先程も説明したように、オイルは汚れるほど適正な役割を果たせません。

つまり「継ぎ足し」でオイルが適量であっても、正常な役割を果たしていない可能性が生じます。

更に、後ほど説明いたしますが、エンジンオイルには「種類」が存在します。

違うオイルが混ざり合うと、全くエンジンオイルの役割を果たせず

エンジンの故障原因になりかねません。

大切な車に長く乗るためにも、エンジンオイルは「継ぎ足し」ではなく「交換」するようにオススメいたします。

交換の時期や目安はどんなタイミング?

ではエンジンオイルの交換は「いつ」すべきでしょうか?

一般的にエンジンオイルの交換時期

  • 3000~5000Km
  • 半年に一回

上記を目安にするように言われています。

ただエンジンオイルは、エンジンの健康状態のバロメーターとも言えます。

定期的にオイルゲージで油量だけでなく、オイルの色を確認し、エンジンオイルが黒くなっていれば

早めに交換するようにしましょう。

エンジンオイルに種類ってあるの?

oil18

参照:Wikipedia

エンジンオイルを交換しよう!

と思って、カー用品店に行くとエンジンオイルの多さに驚きますね。

メーカーの違いもありますが・・・・

オイル缶に『5W-30』などの表記がされていることに気付かれましたか?

エンジンオイルには種類があるのです。

粘度

oil20

参照:Castrol

まず始めの「W」ですがWinter(冬)の略です。

「W」前の数字は10⇒0と小さくなるにつれ低温で固まりにくい「低い粘度」になります。

ちなみに・・・

  • 0W:零下35度
  • 5W:零下30度
  • 10W:零下25度 まで使用可能です。

更に後半の数字ですが、20⇒40と数字が大きくなると高粘度になります。つまり、高温でもサラサラになりにくいのです。

もしエンジンオイルがサラサラな状態だと気密性も洗浄もできなくなるでしょう。

ベースオイルの種類

エンジンオイルは、主に以下3つのベースオイルで出来ています。

  • 100%化学合成油(レース用)
  • 部分合成油(長距離用)
  • 鉱物油(街乗り用)

上記は品質順で掲載しています。

規格

簡単にいうと、エンジンオイルの品質です。

SAからはじまり、品質が高くなるにつれて、Sの後ろのアルファベットが後の方になります。

現在はSL・SM・SNが販売されています。

車に適した選び方はあるの?

「高いオイルは車に良いオイル」

ではありません。

車に適したオイルを選ぶ必要があります。

ハイブリッドカー/コンパクトカー

oil21

ハイブリットカーやコンパクトカーなど、エンジン出力の弱い場合は

粘度の低いオイルを選ぶ

各部動作への負担が少なくなります。

  • オススメのオイル:0W-20

ミニバン

oil24

最大積載量が大きいミニバンは、エンジンに負荷がかかることも多く

洗浄力を重視したオイルを選ぶことを

オススメいたします。

  • オススメのオイル:0W-20 ~ 5W-50

スポーツカー

oil22

エンジンを常に高回転させるため、エンジンは高温にさらされます。

そのため高温時での粘度を表記する

右側の数字が大きいものをオススメします。

  • オススメのオイル:5W-40 ~ 15W-50

軽自動車

oil23

ハイブリッドカーなどと同じく

オススメのオイルは0W-20です。

しかし、軽自動車でもターボ車など

高負荷エンジンであれば

10W-30のオイルをオススメいたします。

オイルエレメントって何?値段はどれくらいするもの?

oil09

さてエンジンオイルを交換しようとすると、「一緒にオイルエレメントはいかがですか?」とファーストフード店のような事を聞かれます。

エンジンオイルとエレメントはどういった関係なのでしょうか?

オイルエレメントとは

oil16

参照:Wikipedia

エンジンオイルを使用していると、洗浄作用により、様々なゴミを吸収しオイルは黒く汚れてしまいます。

そのままエンジン内部を循環しても、正常な役割を果たすことはできません。

そのため、オイルエレメント

汚れを取り除くのです。

つまり、オイル「ろ過装置」ですね。

そのためオイルフィルターとも呼びます。

交換時期は以下を目安としてください。

  • オイル交換の2回に1回
  • 走行距離1.5万km~3万km
  • 車の使用期間が12カ月~24カ月

オイルエレメントの値段

オイルエレメントには

純正品と社外品があります。

純正品は2000円以内で購入できます。

社外品であれば1000円以内で購入出来る場合もあります。

いよいよオイルの交換!費用は?持ち込み可能?

oil06

ここまででエンジンオイルの役割・交換時期をご理解いただけましたか?

では、いよいよエンジンオイル交換です。

交換費用はお幾らになるのでしょうか?

オイル交換費用

オイルの種類、交換するお店で変わりますが、

ディーラーやカー用品店であれば

工賃込みで4,000~8,000円になるでしょう。

ガソリンスタンドの場合

少し安く3,000~6,000円ほどです。

オイルエレメントを一緒に交換する場合は上記の金額に2,000円ほど加わります。

つまり、10,000円ほどあればエンジンオイル交換可能ということです。

オイル持ち込み交換

車07

通常ならディーラーやカー用品店で、オイルも購入し交換をお願いします。

しかし、ネット通販や他店で安くオイルが売られている場合オイル持ち込みは交換なのでしょうか?

可能です!

オートバックスの場合

オートバックスHPを見ると、

持ち込みは可能なようですが工賃は「お問合わせ」になっています。

ネット等で調べてみると

持込オイルの場合、工賃が倍

1,000円になる店舗が多いようです。

イエローハットの場合

イエローハットHPにも

「各店舗により対応が異なる」と表記されています。

断られる場合もあれば、オートバックス同様に工賃が倍になることも考えられますね。

どちらにしても、他店で購入した商品を持ち込むと嫌な顔をされるかもしれません。

可能であれば、交換してもらうお店でオイルも購入しましょう!

グーピットなら持ち込みもOK

グーピットとは・・・
持ち込みオイル交換はじめ整備も行える全国の自動車整備工場を検索出来るサービスです。

自動車整備士がいますので

持ち込みエンジンオイル交換はもちろん、車の気になるとこも相談できます。

エンジンオイルの疑問 スッキリ解決しましたか?

oil07

今回はできるだけエンジンオイルについて詳しく説明してみました。

スッキリしていただけたでしょうか?

エンジンオイルの交換は、

愛車を長く乗り続けるために必要なことです。

定期的にオイルゲージをチェックしてエンジンオイルの状態を確認しましょう!