平等院鳳凰堂の見所(みどころ)は

京都府宇治市にある平等院鳳凰堂。

世界文化遺産にも登録されており、その美しい姿は一度は見てみたいものです。

とはいえ平等院鳳凰堂だけを見に行くのはもったいない!

実は宇治市は見て楽しい、食べて楽しい、歩いて楽しいスポットでもあります。

平等院鳳凰堂近くの観光スポットで食べ歩き

平等院鳳凰堂に向かう道、平等院表参道には食べ歩きスポットがたくさん!

抹茶を使ったお蕎麦や甘味などの王道から、抹茶たこ焼きなどの変わったものまで。

お店をいろいろつまみ食いして歩くのも楽しいですよ。

表参道の入り口では紫式部像が出迎えてくれました。

平等院鳳凰堂でのランチは川文で茶そば

平等院鳳凰堂に入る前にぐるりと街並みを見て回るのも楽しいです。

今回はお昼過ぎに行ったのでお蕎麦屋さんも空いていてラッキー!

街を歩いてるとお蕎麦屋さんがいっぱい見れます。

今回はこちらのお店。平等院通りの川文(かわぶん)ってお店でお蕎麦を食べることにしました。

茶そばを食べましたが、かなり美味しくて大満足!

お値段は850円から定食で1,200円前後となかなか手軽なところもいいですねっ!

甘味処で抹茶スイーツも捨てがたい

甘いものが欲しくなったのでもう一軒はしご。

お茶のかんばやし平等院表参道店

抹茶のほろ苦さとお団子の甘みが最高でした…!

平等院鳳凰堂へのアクセスと時間

平等院鳳凰堂は世界文化遺産のひとつ。10円玉のモチーフとして描かれているのが有名ですね。

1052年に関白藤原頼通により建立され、2014年まで2年の修理期間を終えて美しく甦りました。

拝観時間

庭園 8:30~17:30(受付終了 17:15)
平等院ミュージアム鳳翔館 9:00~17:00
鳳凰堂内部 9:10~16:10

料金とMAP

大人 600円
中高生 400円
小学生 300円
※内部拝観はさらに300円必要です

住所:〒611-0021 京都府宇治市宇治蓮華116

電話:0774-21-2861

番外編:さらに帰りにも甘いもの

ゆっくりと拝観したあとはまた街を歩いて帰ります。ちょっとまったりしたかったので有名なますだ茶屋に行ってみました。

抹茶好きには嬉しい抹茶アイスが売っています。

普通の抹茶アイスと違って、抹茶のほろ苦さがしっかり残っていて美味でした。ただし抹茶パウダーが飛び散るので黒い服を着ているとちょっと危険です(笑)