美瑛の丘との出会い

旭川はパッチワークの丘で有名な美瑛町までほぼ30分の距離にあります。
最初は「写真といえば美瑛」的なイメージがしたのであえて避けていましたが
ある時出掛けてみて「なんて美しいんだろう」と思った瞬間虜になったのです。
美瑛の丘

斜光はドラマチック

最高の美瑛に逢いたければ夕方か朝がオススメです。
夕暮れ時の斜光はすべてのものを立体的でドラマチックに見せてくれますし
大雪山の向こうから昇る朝日の強い光に照らされた美瑛の丘は刻々と表情が変化します。
運が良ければ見たことのないようなドラマチックな夕焼けにも出逢えます。

美瑛はいつも美しい

どこを見ても
どんな季節でも
美瑛の丘はため息が出るほど美しい姿を見せてくれます。
「美しい春の畑」
美瑛の丘
「夏・青い池」
美瑛の丘
「金麦の秋」
美瑛の丘
「静寂の冬」
美瑛の丘
このどれもが皆「美瑛の顔」なのです。

いつも新しい出会いがある

美瑛町の面積は琵琶湖とほぼ同じですからとても広大な地域なのです。
一日や二日ではとてもすべてを見ることはできません。
だからこそ網の目のような農道に迷い込むと今でも知らない光景に出逢います。
美瑛の丘

美しさの秘密

美瑛の丘の美しさは
土の色、作物の葉の色、花の色、森、刻々と変化する空と雲、そして雄大な大雪山連峰の色
そんなアースカラーの組み合わせです。
美瑛の丘

もう一つの主役

空と雲は美瑛の丘のもうひとつの主役です。
しばらく空を眺めていて下さい。
青い空に浮かぶ雲の変化に心が奪われてしまうかもしれません。
美瑛の丘

贅沢な時間

疲れたな・・・
と思ったら美瑛の丘をゆっくりドライブしませんか?
空に向かって深呼吸すると「自分てちっちゃいなぁ・・・」と思ったり
「こんなに素敵で贅沢な時間を独り占めしてる!」とひとり優越感に浸ったり。
肩からスーッと力が抜けていくから不思議です。
美瑛の丘

ゆっくりゆったり

美瑛には青い池など有名スポットはたくさんありますが
あえて誰もいない静かな道をゆっくり走りながら
自分だけのお気に入りポイントを探してみて下さい。
美瑛の丘

振り返ると違う顔

変化に飛んだ小高い丘の表情は多彩です。
同じ道を戻って来るとさっきとはまるで違う風景に出逢える
それが美瑛の丘の魅力です。
美瑛の丘

あなただけの美瑛

今回はあえておすすめポイントのご紹介はしません。
あなただけしか知らない素敵な「美瑛」を見つけて下さいね。
美瑛の丘

美瑛のルール

美瑛の丘にはたくさんの絶景ポイントがありますが
そのほとんどは地元の農家の方の畑を見せていただいているのです。
ですから多くの場合、駐車場などはありません。
作業の邪魔にならないようくれぐれも注意して下さい。
もちろん畑に立ち入ったり作業中の方を写すこともNGです。
エチケットとルールを守れない方は美瑛の丘には行かないで下さい。
お願いします。