京都中心エリアから少し離れた場所に「南禅寺」という臨済宗の寺院があります。実は臨済宗の中で最も位の高い五山のさらに上の「別格」として位置づけられた格式高い寺院です。筆者が京都に行ったら必ず訪れる南禅寺。その魅力は歴史が積み重ねた広大な寺域の荘厳さもさることながら、隠れた名所があるのです。今回はそんな南禅寺の名所・水路閣をご紹介します。

ドラマや映画のロケ地・水路閣とは

レンガ造りでアーチの並ぶ姿が美しい水路閣。南禅寺の境内の奥でひっそりと存在を主張しています。この姿、どこかで見覚えのある人もいるのではないでしょうか?例えば、映画やテレビ。そう、この水路閣はレトロな雰囲気とフォトジェニックな美しさからドラマのロケ地として有名なのです。特にサスペンスドラマの犯人を追い詰めるシーンは水路閣がよく使われます。テレビで見た風景が目の前に広がっているのは感動モノです。

水路閣の様々な表情を楽しむ

正面から眺めるだけでなくこうしてアーチの内側から眺めてみると延々と続くアーチのなんとも言えないミステリアスな雰囲気が楽しめます。

筆者が最初に行ったのは冬だったので、枯れた木々がミステリアスさに一味加えていました。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と一緒に楽しむのも筆者のお気に入り。一年を通して様々な表情を見せてくれるので何回行っても飽きません。

南禅寺~水路閣の真実の姿

京都,水路閣

この水路閣はただここにあるわけではありません。近畿の人たちにとって大事な大事な水を琵琶湖から運ぶ水道橋です。明治21年に作られたから現在まで同時の姿のまま京都市内に水を供給しています。ただ美しいだけでなく実用的な水路閣、ありがたいありがたい。今年はどんな季節に行こうかな。

南禅寺境内にある水路閣へのアクセス

所在地

京都市左京区南禅寺福地町86(南禅寺境内)

アクセス

市営地下鉄 東西線「蹴上駅」より徒歩10分