二条城とは

現在残されるものは徳川幕府時代に幕府の京都での拠点となった城です。城といっても天守閣もないので現代の感覚で言うと屋敷に近い感じです。徳川家康が将軍就任の祝賀を開き、また幕末には実質上の幕府崩壊となる大政奉還が行われ、江戸幕府が始まり江戸幕府が終わった歴史的名所です。幕府崩壊後の近代では宮内庁管理に置かれ皇族の離宮として使用されたため元離宮とも呼ばれます。日本が誇る世界遺産の一つです。

二条城の二の丸御殿

観光のメインとなる二の丸御殿。当時のままの建築を残す貴重な建物です。有名な狩野派が描いたオリジナル障壁画が残る内部は必見です。入り口になっている場所は車寄せという牛車を直接寄せて建物から乗り降りできるようにした玄関です。この車寄せの上部の装飾がまた見事なんです。

歴史的瞬間・大政奉還の間

二の丸御殿では歴史的瞬間・大政奉還が行われました。幕府が朝廷へ政権を返還するという、実質上、幕府が政治に関わらないことを約束する儀式です。幕府か朝廷かと政権を争い続けた幕末が急速に終わりを迎えるこの大政奉還が行われた部屋を直接見ることができます。これは見逃せません。

豪華絢爛で歴史心をくすぐるイチオシスポット・二条城。是非雅な屋敷を堪能してみてください!

元離宮二条城へのアクセス

  • 所在地 – 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
  • アクセス
    • 地下鉄 – 京都市営地下鉄東西線二条城前駅徒歩1分
    • バス – 京都市営バス 9・12・50・67・101号系統「二条城前」バス停下車すぐ。京都市営バス 15号系統・京都バス 61・62・63・64系統「堀川御池」バス停下車徒歩2分。京都市営バス 10・93・202・204号系統「堀川丸太町」バス停下車徒歩6分。