小半鍾乳洞へ行こう!

大分県佐伯氏本匠にある小半鍾乳洞(おながらしょうにゅうどう)

森林や川が流れているマイナスイオンたっぷりな山の中にあります。この写真は入口付近です。

中に入ると・・・

なんとも、神秘的な世界が広がっています!

すごい!

こちらの鍾乳洞の名前も珍しいですが、こちらの鍾乳洞は世界でも珍しい「斜柱石」の形をしており。国指定天然記念物となっています。

小半鍾乳洞は、明治32年に発見され、大正11年に国の天然記念物に指定されたそうです。

洞内の温度は一年中15度前後を保っていて、行ったこの日は2月ぐらいですが、冬は暖かく感じました。夏は逆に涼しく快適です。

全長はおよそ700mもあるそうです。

しかし、観光用に整備されているのは入り口からおよそ330mまで。それでもかなり中を歩くと長く感じます。

長い年月をかけて作られた神秘的な世界は、歩いていると不思議な気持ちになります。

そして、今もゆっくりと活動を続け進化し続けているから地球の力を感じます。

 入洞料は大人 610円、中学生 410円、小人 300円となっています。

小半鍾乳洞へのアクセス

住所 〒876-0215 大分県佐伯市本匠大字小半1530番地5

電話番号 0972-56-5808

営業時間 8:30~17:00

マップ

佐伯に行ったら、道の駅やよいに行こう!

道の駅やよいは、大分県南部の特産品が購入できるだけではなく、なんと水族館や公園、温泉までもある道の駅なのです。その為、土日や連休中はとくかく車が多いです。

道の駅やよいにある番匠おさかな館がお勧め♡

道の駅やよいにある小さな水族館番匠おさかな館!

番匠川の自然をテーマにした、番匠川流域に生息する生きものたちと生息環境をリアルに再現した水槽で番匠川の魅力を紹介するゾーンと世界の熱帯淡水魚を展示したゾーンがあり、こちらは南米、東南アジア、アフリカ、アフルカの湖、オセアニアの地域ごとに分けて展示されています。

これは、赤い目をしたらボラです。

一番奥にある大きな水槽にはこちらの大きな魚もいました。

そして、最後におすすめしたいのが、ここで記念写真を撮影すること!

これは本物の魚ではありません。

魚が浮き出て見えるトリックアートになっています。

本当にリアル!

入場料は、大人(中学生以上)300円、子供(小学生)200円、幼児無料となっています。安いです。

道の駅やよいへのアクセス

住所 〒876-0112 大分県佐伯市弥生大字上小倉898−1

電話番号 0972-46-5951

営業時間 8:30~17:30

マップ