鳴門市の海岸沿いの漁師町・北灘町に北灘漁業協同組合が運営するJF北灘さかな市があります。

鳴門「漁協食堂うずしお」でランチ

そのJF北灘さかな市に併設されているのが「漁協食堂うずしお」です。2011年にオープンして以来、休日には県外からもたくさんの人が訪れる人気スポットです。今日はランチにこの「漁協食堂うずしお」へ行ってきました。

店内の佇まいは懐かしい昭和の匂いがします。貼られたポスターが、いかにも漁師さんの食堂という雰囲気ですね。

鳴門の豊富な海の幸

「漁協食堂うずしお」ではほとんどが地元でとれた新鮮な魚が使われていて、鳴門の旬の魚料理を楽しむことができます。お刺身、天ぷら、フライ、焼き物といった単品はもちろん、海鮮丼や天丼、カレーとメニューも豊富です!単品料理にプラス200円で定食にすることもOKで、ごはんはおかわり無料です!真鯛の中でも最高級ブランドと言われる、北灘産の天然鳴門鯛も味わうことができます。でもこの天然鳴門鯛は売り切れごめんなので、お目当ての人は早めに行かれることをおススメします。

こちらは単品の「海老フライ」(1、050円)にごはんをつけて定食にしたものです。衣の中には肉厚のプリプリした海老が。たっぷりのタルタルソースでいただきます。鳴門市自慢のワカメのお味噌汁もすごいボリュームでついてきます。鳴門ワカメもぜひ味わってみてください。

こちらは平日限定のおとくなセットメニュー「ミニ丼セット」(1、250円)です。丼ものの種類とお刺身、天ぷら、フライから一品を選ぶことができます。今日は海鮮丼とフライを選んでみました。もうこれはミニ丼というサイズではありません・・・お腹も大満足

海の幸を堪能した後は鳴門の海を眺めよう

食堂の裏には海が広がっています。遊歩道が整備されているので、潮風にあたりながら散歩をすることができます。晴れた日には穏やかな瀬戸内海が眼前に広がります。

 

そして食堂の横には漁港があります。この日は数人の漁師さんたちが、アジをたくさん釣っていました。お腹を満たした後はゆっくりと海を眺めるのもいいですね。

漁協食堂うずしおへのアクセス

住所:〒771-0374 徳島県鳴門市北灘町宿毛谷相ヶ谷23 

電話番号 088-682-0037

営業時間 10:00~20:00(ラストオーダー) 無休

休日ともなれば多くの人が訪れ、誘導する係員さんが出るほど駐車場が混雑します。平日は比較的空いているので平日がおススメですが、休日に行かれる方は混雑時(昼食時や夕食時)を避けて行かれることをおススメします。