北海道開拓の頃、運河を使った運送業で栄えたレトロな街・小樽。札幌市から電車で一本、一時間で行ける北海道の観光スポットのみどころをご紹介します。

みどころ1~小樽運河の風景

繁栄当初は倍の横幅があったという小樽運河は小樽の観光シンボルです。レトロな当時の倉庫が立ち並び運河が流れ、運河に沿って散策するとすがすがしい気持ちになります。当時の倉庫は外観はそのままにお洒落なカフェにリノベーションされているので、カフェでのんびり過ごしながら運河を眺めるのもまオツですね。また小樽運河をボートに乗って巡る運河クルーズもお手頃価格で乗れて大人気です。街から眺める運河も良いですが、運河から眺める小樽も良いですよ。

所在地: 〒047-0007 北海道小樽市港町

みどころ2〜オルゴール堂

小樽のお土産といえばオルゴール。オルゴール堂には約3000種類のオルゴールがあります。様々なオルゴールに囲まれて華やかな店内。本格的なものから可愛らしいもの、レトロなデザイン、思わず目移りしてしまいます。筆者は陶器製の猫のオルゴールを小樽に行く度一つ買ってコレクションしています。色々なシリーズがあるので、あなたのお気に入りを見つけてみてください。

【住所】北海道小樽市住吉町4-1 
【営業時間】9時~18時(7月~9月は、祝前日・金・土曜日のみ19時まで)

みどころ3~旧手宮線

小樽の街中に廃線線路が残っているのをご存知ですか?手宮線という小樽最盛期時代に大活躍した線路です。廃線になった今も綺麗に整備されちょっとしたシンボルになっています。線路の上を散策できる旧手宮線。線路の上を歩きながらとる写真はインスタ映え間違いなし。小樽に来るとつい立ち寄ってしまう、筆者お気に入りのスポットです。皆様も是非。

住所:
北海道小樽市色内  
アクセス:
JR函館本線小樽駅から徒歩10分