香川県の東の端にある東かがわ市引田は、風待ちの港と呼ばれ江戸時代から栄えた港町。

当時を伝える豪商のお屋敷とレトロな街並みが今も残っています。

引田の観光 まずは讃州井筒屋敷に行こう

讃州井筒屋敷は江戸時代に創業され、お酒と醤油の醸造で繁栄した井筒屋(佐野家)のお屋敷を改装した観光施設で、引田観光の拠点になっています。ここではお屋敷の母屋の見学ができる他、東かがわ市の特産品和三盆の型抜き体験などの体験施設、食事処、お土産品コーナーなどがあります。

讃州井筒屋敷内にあるレトロ感あふれるかき氷屋さん!

中から覗いている「悦の司」の文字が気になるこの建物は・・・?入ってみると

なんとアンティークなバイクが!他にもアンティークな小物がたくさん展示されていました。

讃州井筒屋敷を満喫したらレトロな引田の町並みを散策しよう

讃州井筒屋敷の並びにあるかめびし(岡田家)は江戸時代から続く老舗のお醤油屋さん。赤い壁が印象的です。店内にはうどんや焼きおにぎり、炭焼きコーヒーなどがいただけるかめびしお茶屋があります。

笠屋邸には引田飾りと言われる豪華なひな飾りが。引田はひなまつりで有名な町。毎年春先に「引田ひなまつり」が開かれ、多くの人が訪れます。

東かがわ市は手袋の町。実際に使われていた手袋工場をリニューアルした東かがわ手袋ギャラリー

再現された手袋工場にはレトロなミシンが!

岡田家、佐野家と共に引田御三家と言われる旧庄屋の日下家

日下家の前に建つ旧引田郵便局。国の登録有形文化財に登録されているモダンな洋館です。今は土・日だけ営業のカフェ「風の港館カフェ・ヌーベルポスト」として再利用されているそうです。

古い町並みを大切に守り続けている引田の町。不思議と懐かしい気持ちになる、そんな引田の町並みでした。

讃州井筒屋敷・引田の町並みへのアクセス

讃州井筒屋敷を起点に引田の町並みを散策することができます。

住所:〒769-2901香川県東かがわ市引田2163

電話:0879-23-8550