香川県のさぬき市にある大窪寺は、四国八十八カ所霊場の八十八番札所。四国巡礼、最後の寺で結願の寺として知られています。

大窪寺の本堂です。大窪寺は行基が開いたと言われています。本尊は薬師如来。法螺貝を持った珍しい薬師如来で、その法螺貝で厄や病気を吹き払うと言われています。大窪寺は八十八カ所最後の寺ですが、ここ大窪寺から八十八カ所巡礼を始めることを逆打ちと言い、四年に一度、閏年に逆打ちをすると巡礼三回分のご利益がある、また弘法大師に会えるとも言われています。

大窪寺は紅葉の名所

大窪寺は香川県の紅葉の名所としても知られています。紅葉の時期には、お遍路さんだけではなく紅葉を観にたくさんの観光客が訪れます。紅葉に彩られた二天門は、撮影スポットにもなっています。

また境内にある大きな銀杏の木も有名で、楓に先駆け色づきを見せます。

大窪寺参拝の後は八十八庵のうどん!

大窪寺の二天門の石段を降りた正面にある八十八庵(やそばあん)は土産やを併設した食事処です。四国遍路の旅を終えたお遍路さんや多くの参拝客で賑わっているお店です。この八十八庵の名物になっているのが「打ち込みうどん」です。

大窪寺といえば打ち込みうどんと言われるほど有名で、お昼どきには行列ができるほどの人気のうどんです。打ち込みうどんは白みそをベースにしたお汁でうどんを煮込んだもので、鉄鍋に入って出てきます。(写真は3人前です)表面はうどんとネギだけに見えますが

うどんの下には豚肉、にんじん、大根、サトイモ、お揚げ、ごぼうなどたくさんの具がたっぷり入っています。うどんはモチモチ、そして白みそのやさしい味に身体も心もぽかぽかと温まります。特に寒い冬におススメです。

大窪寺に参拝された時はぜひこの打ち込みうどんを食べてみてくださいね。

大窪寺・八十八庵へのアクセス

大窪寺

住所:香川県さぬき市多和兼割96

電話:0879-56-2278

八十八庵(大窪寺の門前にあります)

住所:香川県さぬき市多和兼割93-1大窪寺前

電話:0879-56-2160