パソコンやスマートフォンの利用はできる?

結論から申しますと、生活保護を受給していてもパソコンや携帯、スマートフォンを持ち続けることは可能です。こちらで説明している生活保護法で認められている、

健康で文化的な最低限度の生活

を営む権利に該当するとされているからです。

たとえば、もし仕事をしながら生活保護を受けられている場合、こうしたツールが無ければ仕事を円滑に進めることもできません。

あるいは、今現在は無職であっても、福祉事務所から電話連絡を入れるときにスマホや携帯電話すらなく、連絡を取ることもままならないといった状況では、最低限の生活を送る以前の問題となってしまうでしょう。

そういった背景がありますので、生活保護を受けていても、パソコンや携帯、スマホの保有は認められています。もちろん、使っていて古くなれば、パソコンを買い替えたりスマホの機種変更をしたりすることができます。

ただし、電話やパソコンを持っているからと言って、過剰に生活保護費を請求することはできませんので、受け取っている生活保護費の中で、慎ましくやりくりしていくのは当然のことと言えるでしょう。

その他生活保護を受ける条件はこちらから確認してみてはいかがですか?