母子家庭で生活にお困りなら、生活保護を申請してみましょう。

母子家庭であれば誰もが受けられるという保証はありませんが、母子加算制度もあるので

ぜひとも申請すべき

だといえるでしょう。

生活保護は様々な事情で収入が得られない人に対して、一定の保護を行うことを目的とした社会保障制度です。現代社会では平等が重視されていますが、実際には働く際に様々な不平等が存在してしまっています。

例えば、母子家庭のお母さんの場合には、一般的な労働者よりも働ける時間が短くなってしまうために、劣悪な環境での仕事しか選べなかったり、求人に応募しても残業ができない等の理由から、採用されないこともあったりします。

生活保護は母子家庭は受けやすい!?

一般的な家庭と比較すると、旦那さまという大黒柱がおられない分、母子家庭での基本収入は少なくなりますので、お子様の教育費にも困ることを防ぐためにも、まずは気軽に生活保護の受給申請をしてみるようにしましょう。申請が通れば、月々一定の収入を得ることができますので、安心して生活ができるようになります。

生活保護の申請は、市町村役場等の福祉課の窓口で相談となりますが、生活保護の条件については、母子家庭といえど他社と同様の条件になりますので、しっかりと事前に確認することが大切です。

こちらから生活保護の条件を確認してみましょう