熱中症等の事例により支給されるように

生活保護を受けている世帯では、贅沢をしてはいけないというイメージがありますが、生活に必要な製品であれば購入費用が支給されることがあります。

その一つにエアコン(クーラー)があります。近年、日本では異常気象とも言われるような高温の日が続くことが多くなりました。屋外だけではなく室内でも熱中症によって命を落としてしまう人もいます。

エアコン購入費用の上限は?

日本全国で相次ぐ熱中症による死者や患者の増加から、政府はその予防策としてエアコン(クーラー)の購入費用を生活保護世帯に支給することを決定しました。その上限金額は5万円です。

また、条件を満たしていることも必要となります。その条件は2018年4月以降に生活保護を開始し、エアコン(クーラー)の持ち合わせがない、災害救助法の支援ではエアコンを賄う事が出来ないなどの5つの条件のどれか一つを満たし、なおかつ高齢者や障害者、子供、体調の優れない人がいるという場合となっています。

高齢者や子供は、特に熱中症予防が必要であるという観点から、優先的に条件設定されているものと考えても良いのではないでしょうか。

これから生活保護を申請しようと思われている方で、現在のお住まいにはエアコンが無いと悩まれているのなら、先に受給申請してエアコンの購入費用を支給してもらうという方が、少しでも生活費の負担は少なくなるのではないでしょうか。