~生活保護受給証明書とは何?~

生活保護をもらっている時の、保険証のことが気になる人が多いかもしれません。保険証というのは健康保険証のことであり、医療機関の窓口で提出することにより安価で治療を受けることができます。一般的な企業に勤めている会社員やその家族の場合には企業の健康保険を利用することになりますし、また自営業の人や無職の人の場合には市町村が発行する国民健康保険を利用することになります。それでは生活保護を受給している人の場合には、保険証はどうなるのでしょうか。

生活保護を受給している人は基本的に無職となりますので、国民健康保険の被保険者となります。ただし国民健康保険の利用には保険料(保険税)の支払いが必要になるため、生活保護を受給する段階で国民健康保険は停止され、生活保護受給証明書が発行されるのです。実際に利用期間を受診する際には、福祉事務所に依頼をして医療券を発行してもらうことになります。受給証明書と医療券を持参することで、実際の治療等を受けることができるのです。