再申請や打ち切りなどさまざまな弊害も併せて解説

生活保護を受給しながらでも、結婚することはできます。生活保護というのは、人として最低限度の生活を保障するための制度であり、

結婚を妨げるものではありません。

ただし、結婚をすると、世帯を単位として生活の状況が確認されるため、一部では支給の打ち切りが行われる場合や、再申請の手続き等が必要になるケースがあります。

生活保護を受給している人が、ある程度の収入を得ている人と結婚した際、生活保護を打ち切られるという可能性は大いにあり得ます。これは結婚をすることによって、夫婦の収入が共有の収入だと判断されることが理由です。

例えば、生活保護を受給していた女性が、高額な収入を得ている男性と夫婦になった場合、保護費の受給なしでも普通に生活することができるでしょう。

ですので、保護を打ち切られたくないというのであれば、あえて収入の少ない相手を選ぶという選択肢があります。仮に、相手が無職であるとすれば、これまでと同じように保護費の受給が許される可能性は高くなるのです。