難しい手続きは必要?

日本に住んでいる外国人の中には、生活に困窮している人もいるかもしれません。働きたいと思いつつも働くことができないために収入を得ることができず、住む場所さえも確保ができない人や、日本に来てから病にかかって苦しんでいる人もいるでしょう。そういった場合に、考えられる手段の一つとして生活保護があります。

日本の法律的には生活保護を受けられるのは日本人だけですが、国際的な人道上の配慮として日本に滞在しており、定住や永住などの在留資格を持っている外国人ならば受けることが可能となります。

外国人であっても手続きの際に難しいことはありません。日本人と同じような手続きをしていきます。

ただし、日本人同様に生活保護を受けるためには厳しい審査があります。援助をしてくれる親族などがいないことや資産がないこと、病気やけがなどのやむを得ない理由で働くことが困難であることなどです。

これらに該当してるかどうかを、生活保護の受給条件ページにて確認しておくようにしましょう。