その差額なんと512万円!

さて、これは一体なんのことと思われますか?

この金額、実は不動産業者による不動産買取金額の差なんです。これはメジャーな大手不動産業者と地元不動産業者によるその違いなのです。

実はこれ2018年にある県で実際に起こった事例。

他人のことならともかく、自分が折角売却するのであれば、少しでも高い金額で売りたい。これは至って普通に考えることですよね。

不動産業者を選ぶ際に大切なのは、きちんと比較すること!

査定額算出の基準は一体何なのか

その見かけだけでの査定価格の判断は出来ません。土地や不動産、その物件を実際に見てもらってこそ、適正価格を算出してもらえるのです。

不動産物件の査定でよく陥る失敗は、その査定を1社のみにしてもらい、その時点で満足や落胆をしてしまうということです。これではせっかくの物件も、安く買い叩かれてしまいます。

不動産の査定を行う場合は、

きちんと複数業者間で比較

することにより、その結果として、より高額な査定に結び付くことが多いようです。

そしてこちらはこちらの地区に対応している業者の例。

有限会社松田地所 長崎県長崎市若草町13-16 095-848-0888
有限会社大信不動産 長崎県長崎市八幡町5-3 095-826-5141
ハウス流通株式会社(エイブルネットワーク長崎店) 長崎県長崎市元船町7-1 0066-969-2010
有限会社長崎新光ガス 不動産部 長崎県長崎市茂木町1590-145 0120-36-0070
わかしお不動産管理 長崎県佐世保市若葉町2-3 0956-32-2689
有限会社日本総合開発研究所日研 長崎県佐世保市矢峰町194-2 0956-40-7733
株式会社ホームズ 佐世保中央店 長崎県佐世保市大和町978-6 0956-31-0005
株式会社道添恒産 長崎県佐世保市八幡町3-4 0956-22-0306
株式会社第百不動産 長崎県佐世保市湊町2-9 0956-25-4000
有限会社古川ハウジング 長崎県諫早市馬渡町7-4 0957-26-0208

でもこうした不動産の買取業者に

まさか1件ずつ問合わせするのですか!?

比較するのは大切です。ですが1件ずつ電話して

同じ説明をしていくのは本当に大変

ですよね?

だからこそ、こうした買取(仲介)業者はもちろん、まず不動産の一括査定を強くおすすめします。

不動産の一括査定は、このように一度の入力で数社へ同時に査定依頼ができ、

かんたんに概算価格がわかる

というもの。

以下に掲載しておきますので、気軽に入力してみましょう。

イエウール

2種類の査定方法があります
このイエウールは、実際に専門業者に物件を訪問・確認して査定額を算出する実質査定はもちろん、まずは

ただ概算価格が知りたい

という慎重派の方には特におすすめなサイトです。

イエウールはご存知ないかも知れませんが、こうした三井住友系の不動産会社やセンチュリー21、みずほや大京穴吹不動産など大手の不動産屋さんから、地元密着型の小さな不動産屋さんまで登録されているので安心です。

簡単入力で
・不動産売却で失敗したくない
・後々のために相場が知りたい
これらを気軽にできるのが、このイエウールですね。

≫概算相場を確認してみる≪

リビンマッチ

さらにサイト同士で比較
このリビンマッチも、不動産の一括査定をしてくれるサイトで、簡単入力で完璧な回答を導いてくれます。上手な不動産売却のコツは、

何といっても比較です。

簡単な入力をすることによって、多くの不動産業者が競い算出してくれますから、物件価格の高低差はかなり変わります。

この比較推奨は、この不動産査定サイトも対象となります。イエウールに入力し、こちらのリビンマッチにも入力しておけば、さらに高値を望むことが可能といえます。このように複数サイトで確認しより多くの査定業者を比較することで、少しでも高額な査定を見つけましょう。

≫こちらも合わせて入力する≪

RE-Guide

最大10社に同時査定依頼
大切なあなたの財産を査定するのは、リガイドが独自に有する審査基準を満たした、「優良不動産査定会社」のみ。リガイドではその査定結果を簡単に比較検証できるのです。

簡単入力! その時間なんとたったの1分。

これで、最大10社から提示される概算査定額を比較できます。

≫さらにリガイドにも入力≪

長崎県で不動産を売るなら査定相場を知ること

長崎県は九州地方のなかでも西部に位置していますが、四方を海で囲まれている場所が多い上に、山間地も意外とあるためマイホームを新築できる土地もなかなか限られているのが実情です。ほかにも離島が多いというところも他の都道府県にはない長崎県の特徴といえるでしょう。このような特別な環境を考えた場合に、長崎県内で家を売ることを決めたのであれば、まずは周辺の査定相場を知ることが重要となります。査定相場がわかればその価格帯を目安にして、あとは売り出そうとしている物件のなかで、価格を引き上げられるようなアピールポイントを見つける作業に移ります。こうした作業をする上で便利なツールとして一括査定サイトがあります。パソコンやスマートフォンがあればインターネットの専用フォームに簡単な事項を入力するだけで、それほど時間をかけずに物件の概算価格が提示されます。しかも複数の会社からですので、仲介を依頼する不動産会社の選択もしやすくなります。

不動産を売る際に騙されないためにも

「騙される」というと言葉は少々聞こえが悪いので、「少しでも好条件を引き出す方法」としておきます。

怪しげな不動産屋に見透かされないように、あなたの大切な資産を少しでも好条件で売るために、ぜひ参考にして下さい。

売り急ぐと足元を見られることが・・・。

普通に生活をしていれば、自宅などの不動産の売買に携わることなんてそう滅多にありませんよね。それらは転勤での住み替えや相続など、急に出てきて短い期間で大仕事(売買など)をしなくてはならないというケースがほとんどです。

それを生業とするならいざ知らず、私たち一般人にとってそれはそれは労力のかかる大仕事なのです。

良い不動産業者の選定と、好条件での売却に繋げるには、急ぎどころとそうではないところを

見誤ることは厳禁です。

絶対にやってはいけません。

徹底必須の2項目
  1. 早めに査定額の比較を行う
  2. 実際に売却する際は急がない

この2項目の徹底は意識しておきましょう。

売却相場の確認は素早く、そして実際の売却は条件の許す限り慎重に行いましょう。

長崎県はこんなところ!こんな観光スポットが有名で土地の価格はどの辺りが高いかをご説明!

異国情緒溢れる長崎県は、坂本龍馬や中岡新太郎など幕末の志士とも所以が深く、日本の歴史に触れながら散策するにも絶好の観光エリアです。坂本龍馬や中岡新太郎とも交流があった貿易商「グラバー」の住宅は、洋風建築を堪能できる「グラバー園」としてお勧めの観光スポットになっています。さらに、温泉保養地として有名な「雲仙温泉」は複数の効能を持つ温泉が湧き出る名湯で知られています。魅力溢れる長崎県ですから、長崎県で独立したいと考える方や住まいを持ちたいと希望する方が後を絶ちません。独立開業を目指す方は「街の中心地や駅近物件」を住まいを探す方には「公共施設や商業施設が整ったエリア」をお勧めします。長崎県の地価はエリアによっても様々ですので、目的にあった物件探しは、長崎県の不動産専門業者に相談することが得策です。観光地にもオフィス街にも快適な居住エリアにも精通していますので、条件にあった物件を即座に紹介することが可能です。

不動産売却の流れ

ここで、不動産(家や土地、マンションなど)を売却する時の一連の流れを簡単にまとめておきます。

1お手持ちの売却対象となる不動産を査定

その種別(土地、一戸建て、マンションなど)に応じた査定になりますが、この際必ず概算価格を確認して下さい

家やマンションなどの物件そのものを見てもらう通常査定はもちろんですが、最近ではネット上で概算査定金額を簡単に算出できるサービスがありますので、是非一度ご確認ください。これは売却ランキングのページよりご確認頂けます。

2媒介契約の締結

買い取りであれば、そのまま現金と引き換えてもらうのですが、一般的には買い取りより仲介の形態が多くなります。この場合において仲介の方が、業者がお金を付ける必要がないので、手元へ残る金額も買取と比べて多くなるということが多々あります。

さらに、前述したように1社のみに任せる専任にするのか、それとも一般仲介にするのかを選び、媒介契約を結びましょう。

3買い手を探す

前項2で媒介契約を締結した不動産業者が、該当物件の買い主探しをしてくれるようになります。前述したように専任の場合は、それが凶と出るか吉と出るかが大きな差になります。

不動産業者の方で、チラシやWEB広告などで、物件案内などの訴求をしてくれるようになります。やはり専任の方が、この訴求一つとっても専任でない場合と比べてその熱量が大きくなることが多いようです。

ただそれも初めのうちの話となります。1ヶ月も経過すると、次第に専任のその ”熱量” も萎んでしまうことも多々あり、専任だから大丈夫ということもありません。また更にいえば、一般仲介だから良くないということも勿論もありません。

要は、この売り物件を欲しいと感じる人が見てくれるか否か。業者の顧客層や広告による部分、欲しい人がその時目にするかのタイミングによるものもあります。

そう考えますと、やはり今までにも重ねて伝えて参りましたが、1社の不動産業者だけでなく、たくさんの不動産業者にその査定を含め関わってもらうことがポイントになりますね。

4売買契約の締結

何とか買い主が見つかると、次は物件の価格や条件等を最終調整の後設定そして売買契約の締結というような流れとなります。

この際に、次の書類を作成したうえで、買い主への物件の状況説明を行い、双方納得の上合意し売買契約締結となります。

作成書類 「重要事項説明書、契約書、その他物件の状況等の報告書など」

そして全て終了後、最終引き渡しとなります。

少しでも高額で不動産を売りたい!
事前に概算相場を確認しておくなら

≫概算相場を確認してみる≪

勿論入力は無料です。

本案件の概算査定価格は
1300万円~1350万円となります

まずは概算価格、気軽に確認してみませんか?