外壁塗装をこれから依頼するのであれば、

まずは

見積もりを取るところからはじめる

のが一番です。

見積もりというのは工事や作業にどれほどの資材や人員が必要で、

結果として

いくらの金額がかかるのかをあらかじめ示した明細書

のようなものです。

個別にめぼしい会社に電話を掛けて見積もりをしてもらってもよいのですが、それではあまりにも手間がかかりすぎます。

そこで便利なのが

インターネットから気軽にアクセスできる

一括見積もりサイト

です。

こうしたサイトには大手業者も地元業者も登録していますので、いちいち会社自体を探す必要がありませんし、

かんたんに相見積もりが取れる

ところもメリットです。

提示された金額を比較してみれば、最安の会社は一発でわかりますので、結果的に予算として考えていた金額よりも安くできることが多いはずです。

また安いからといって手抜きがあってはなりませんが、それも

作業内容を他社と比較する

ことで、おかしな部分がないかどうかチェックできます。

相見積もりはマナー違反ではない?外壁塗装の見積もり時、相見積もりって取りづらいけど、そんなことをしていいの?するべきなの?

外壁塗装を依頼する際にあらかじめ見積もりを業者に依頼することになりますが、ひとつの業者の価格だけでは比較する対象がありません

提示された価格が適正価格なのかも判断することができないために、

数社に見積を依頼する

事で比較検討することができます。

業者によっては難色を示されることもありますが、

相見積もりはするべきで、

少しでも安く工事を依頼する

には必要な過程といえます。

相見積もりは工事を依頼する側の

当然の権利

ともいえるので、大いに利用する必要があります。

外壁塗装の見積もりは現地調査に非常に時間がかかるために、実際には人件費が発生していることになります。

見積もりを依頼するときには、

相見積もりであることを業者に伝える

ことがマナーとして大事なことになります。

現地調査も依頼する業者が現地で出会わないように、

時間帯をずらすなどの配慮

することも大事なマナーです。

最近の業者は比較的相見積もりに慣れているので、隠さずに最初に伝えることが大事になります。

「◯◯一式」などまとめられた金額の見積もりはNG!見積書は詳細金額までしっかり出してくれる業者がおすすめ

外壁塗装や屋根の張替えなど、一戸建ても築年数がたつといろいろと修理などの手を入れなければなりません。その時に業者に見積もりを出してもらうと思います。

見積もりを見ると

良い業者なのか悪徳業者なのかを見分ける

ことができます。

見分けるときのポイントは、

見積もりがちゃんとした金額

になっているかどうかです。

例えば屋根の張替え一式100万円、といったようにどんな材料を使うのか、

何にお金が必要なのかわからないような見積もりは絶対に信用してはいけません。

よい業者の見積もりは

利用する材料の名前や金額

などを細かく出してくれます。

ある程度はまとめた金額になるケースもありますが、

できれば1円単位まで明確に示されている

見積書を出してもらいましょう。

また悪徳業者は見積もり以外に追加料金を後から出してくる場合があります。

その他にも工事を頼む前に追加料金が無いように、

きちんと

念を押して確認しておく

と不要なトラブルを防ぐことができます。

「見積り面積」が丸い数字にご注意を!適当感剥き出しの見積もりをしてくる外壁業者は付き合うな!

外壁塗装などの請負契約を結ぶ場合には、その前提として見積もりを出してもらうことが大切です。

見積もりのなかには、作業項目ごとにどの程度の人員と日数が必要なのか、

それらを積算した結果としていくらの代金がかかるのかが記載されているはずです。

しかし外壁塗装業者とはいっても信頼ができるところからそうではないところまでさまざまですので、

少なくとも

悪い業者の注意点

は押さえておいたほうがよいでしょう。

たとえば38㎡40㎡などと、

数字を丸めて高い金額を提示

してくる場合は要注意です。

塗装に必要な塗料などの材料や作業量は、面積あたりでの単価が決まっているのが普通です。

面積はちゃんと測るという基本ができておらず、適当な数字で見積もりが出ていたとすれば、契約後の作業そのものにも影響が及ぶかもしれません。

もちろん料金を安くするためのサービスの一環で数字を切り下げているのであれば話は別ですが、

わざわざ金額をアップさせるような見え透いた操作をしている会社とは、はじめから付き合わないのが得策です。

材料や塗料の種類などの詳細をチェック

素人には難しくてわかりにくいことですが、

建築工事に使用される材料や塗料の種類を詳細にチェックして

適切なものが使用されている

ことを確認することが大切になります。

建築物は、数十年使用することになるので、あまり良い材料を使用していないと劣化などによって、建物が使いにくくなって機能を損ねてしまう可能性があります。

塗料についても、建物の耐用年数の間に塗り替えを数回行うことにはなりますが、

良質な塗料を使用しないと、劣化のスピードが速くなり、塗り替えの頻度も上がってしまいます。

分からないことは

メーカーや工務店などに

きちんと説明を求めておく

ことが必要です。

自分自身でも書籍やインターネットなどで集めることが出来る情報を集めて、

使われている材料や塗料のことを

可能な限りチェックする

ことも大切になります。

見積もりで提示されている仕様のものを

きちんと使っているかも確認す

ことが重要です。

できれば施工手順なども確認

しておくと良いでしょう。

おすすめの記事