塗装に向いている時期は? 外壁塗装に向いてる時期を具体的に言うと??

外壁や屋根面、手すりなどに塗装を行う場合、

向いている時期

向かない時期

があるので注意が必要です。

塗料は外気温の影響を受けることになるので、

極端に気温が高い時期や気温がかなり低い時期

などは向かない時期といえるので、

猛暑日や気温が氷点下になる日は塗装を行わないほうが良いでしょう。

湿気の影響も無視することが出来ないので、雨が降っている時なども塗装工事は避けるほうが良いです。

工事を依頼した業者が塗装を行う場合には、できればこの時期に行ったほうが良いという期間は、

春や秋などがよく、気候が穏やかな日が特に良い

でしょう。

施工不良が発生すると、剥がれ、ムラなどの不具合が発生することになるので、

塗装に向かない時期は避けるべきです。

気温が低い時期などに工事をする必要がある時でも、できるだけ天気がよく、外気の温度が高めの日を狙うことが必要です。

工期を優先するよりも、将来的な不具合の発生を未然に防ぐことを優先したほうがクレームも少なくなります。

塗装ができない気候や天候 外壁塗装ができない気候や天候はどんな時?

外壁塗装できない気候

とはどういったものがあるのでしょうか。

先ず基本的に

災害レベルの悪天候の時

は出来ません。

大型台風豪雨が発生している時は、どんなに腕利きの専門家でも無理です。

災害が発生している時に作業をすれば人的被害が出るばかり、塗装自体も全然捗りませんし、行うメリットがゼロとなります。

またニュースで

悪天候と報じられていない時

でも、できない天候はあります。

例えば

突発的な突風やゲリラ豪雨

が現地で起きていると、現場スタッフの判断によって作業が前もってキャンセルされたり、途中で作業を中止する事が多いです。

理由は先ほどと同様で、雨風が激しい環境下では事故が起きかねませんし、外壁のための足場が組めなかったり、そもそも塗料が正しく付着しなかったり乾燥しない等、最悪なコンディションなためです。

一方で梅雨の時期や雪が降る可能性がある冬場などは、天候によっては外壁塗装工事は進められますので、気になる方はとにかく相談してみましょう。