外壁業者に、見積もりをあらかじめ出してもらっておけば、その金額で施工をしてもらえると思うようになります。

良心的な業者であれば、見積額よりも金額が高くなる事はありませんが、問題のある業者の場合は、

見積額以上に請求が来る

場合があります。

工事を進めていくうちに追加費用が発生したという風に連絡があった場合、途中で工事をやめてもらっても困りますので、了承せざるを得なくなります。

他の業者に変わったとしても、途中で工事をやめられても困りますので、結局は続きの工事をしてもらうようにするしかありません。

追加費用が発生すると言われた場合は、

現地調査不足が原因

になっていることが多いでしょう。

現地調査をしっかりしていないことが原因で、追加費用が発生しても困りますので、

現地まで来てもらいしっかり調査

をしてもらわなくてはなりません。

後から追加が必要と言われても、かなり高くついても困りますので、

必ず現地調査を念入りに

お願いするようにしましょう。

外壁塗装で追加費用発生!?契約書に書かれなかった口約束が原因で追加費用が発生してしまうことも

外壁塗装の工事を依頼して、

最初の契約よりも多く工事費用を請求

される場合があります。

現地調査で発見できなかった不具合が見つかった場合や、施行中にお客様から要望があった場合、または不具合が起きた場合などです。

このようなケースは稀

なのですが、

中には悪徳商法として、最初は安い値段で提示しておき、施工には別途費用が必要になると言われたり、途中までやっておいてここから先は別の工事が必要となると言われる場合です。

他にも、口頭で提示された金額よりも1.5倍の金額を施工後に要求されたというトラブルもあります。

このようなトラブルを避けるためには、当たり前かもしれませんが

口約束は絶対に避けましょう。

後になって「値段が違うじゃないか」と異議を申し立てても、証拠には残っていません。

安全に契約を結ぶには

必ず書面に残す

ことが絶対条件となります。

その書面も、

塗装に使用する材料の名前や量は書いてあるか

工事期間がしっかり記載されてあるか、

工事名称や場所、金額も記載されており

間違いはないかを必ず確認する必要があります。

その書面は

必ず業者と自分でお互いに保存

しましょう。

渡せないと言われた場合は契約してはいけません。

外壁塗装で追加費用発生!?業者がぼったくりの悪徳業者だった場合は追加費用の連続になってしまう!

外壁塗装をお願いする場合、悪徳業者に引っかからないようにしなければなりません。

もしもぼったくりの悪徳業者だったときは、初期費用だけではなくどんどん追加で費用が請求されてしまうのです。

そのようになってしまわないためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

悪徳業者を避けるには

一括見積もりサイトを使う

ことをお勧めしています。

一括見積もりサイトを使えば、様々な業者から見積もりをもらうことが可能となります。

しかも1度の依頼でたくさんの会社から見積もりをもらえるのです。

それぞれの業者から来た見積もりを比較するとともに、

業者の対応の良し悪しを見極め

ていきます。

もちろん安い価格の業者が良いのですが、

スタッフの

対応が悪ければ安くてもいけません。

また、

あまりにも価格が安いと

追加費用が発生する可能性

があります。

発注する前に

追加費用がかからないことを確認する

ことも重要です。

このように一括見積もりサイトを使うと、ぼったくりの悪徳業者を見抜くことができます。