新居への住み替えを目的とした売却。一般的な売却ですね。

パソコンやスマートフォンを新機種に買い替える時、同時に今まで利用していた旧世代の物を売却する方々がいますが、これは大変合理的なやり方です。同じ役割の製品が2台以上あっても使えません。

それと同様に

マンション売却もまた住み替えと同時に進める

のが賢い方法です。

住まいが複数あってもメリットは無く、維持費が無駄に掛かるばかりですので、

新居購入と同時売却が理想的

と言えます。

住み替えがスムーズに進めれば、無駄なコストが掛かりませんし、住所も新居に即変更可能です。

住まいが一時的でも二つになると、連絡先も二つ出来てしまい混乱します。

郵便物が古い家に届いたり、親戚の方が同じく古い方に訪ねてくると大変です。

住み替えと並行してマンション売却を進めるためには、

事前の相談が大事

ですので、

新居が決まる前から

地元の不動産会社に相談した方が良いでしょう。

あるいは新居を購入した不動産会社に相談して、同時売却が出来ないか質問してみるのもおすすめです。

住宅ローンが払えなくなって売却する場合もあります。いろんな例を知っておこう。

多くの人はマンションを購入する場合にはローンを組んで購入するということが多いといえます。

しかし、ローンを組むと、ローンの返済を毎月行うことが必要になります。

住宅ローンは長い間返済を続けることが一般的で、返済額も家計の中では大きな割合を占めることが多いのです。

そうなると、例えば、リストラなどにあってしまったり、給料が下がってしまったことで、

毎月の返済がきちんとできなくなってしまう場合もあります。

そのような際、

家を売却することでローンを完済する

という制度があります。

この制度は

ローンの債務者保護

の観点から行われており、毎月の支払いが苦しいという場合に例外的に行われている方法です。

毎月一生懸命返済していても、住宅ローンが払えないということになってしまうケースもあります。

そんな時に、そのような状況からローンを抱えている人を救済するということからローンが完済されていないマンション売却を行えるようになっているのです。

離婚によって不動産を売却する人も。

離婚率が年々上がって来ており、欧米諸国のそれに匹敵するかもしれません。

今では大勢の夫婦が色々な理由で別々の道を歩む決断を下しており、夫のドメスティックバイオレンスが引き金になったり妻の借金問題や不倫が原因になる等、まさに十人十色です。離婚によって不動産物件を売却する家庭も増えて来ました。

いわゆる家族用に購入したマンションも、

離婚を決意すれば不要

になります。広々としたファミリー向けのマンションは独身男性にとっては広過ぎますし、維持費も高くなるだけです。

離婚の場合、親権は大抵妻側にいきます。

独身の状態に戻った場合は早めにマンション売却

を決意した方が無難です。

早めにマンション売却を済ませれば気持ちの整理もつきやすいですし、

維持費の節約にもなります

妻や子どもとの思い出が残るマンションで一人で生活をするのは精神衛生上よろしくありません。

マンション売却をすれば、新しい街で新しい物件を探せますし、一人暮らしならマンスリーマンションでも十分です。