家の鍵を紛失したとき

家の鍵を紛失してしまい、自宅の鍵を開けることができなくなったという経験をお持ちの方は少なくありません。

マンションやアパートの場合管理人や大家さんに相談をすることで、一時的に合鍵で自宅に入ることが可能になる可能性はあります。

しかし深夜であったり、一軒家にお住まいの場合は鍵が手元にないため自宅に入れないなんてことにも…。

そんなときはまず落ち着いて、鍵の110番へ問い合わせてみましょう。

鍵を失くしたら
まずは落ち着いて
こちらへ連絡


»鍵の110番へ問い合わせる«

自分でピッキングは禁物

ピッキングをしようとして、針金など細い物を利用して鍵穴を開けようとする方も多いですが、鍵穴の破損につながるので安心の鍵の開け方として24時間対応をしてくれる「鍵の110番」を利用することをおすすめします。

鍵の110番は

24時間365日対応のサービス

なので、依頼をすると地域によっては1時間以内に自宅まで専門スタッフが来てくれて、対応をしてくれます。

鍵の紛失による鍵開けをはじめとした、新しい鍵の交換取り付けも同時に依頼することができるので、万が一のトラブルにも直ぐに駆けつけ対処をしてくれるメリットがあります。

家の鍵が開かない時の原因と鍵穴の修理方法を解説

家の鍵は使い続けていると開けにくくなる場合があります。

特に雨風の影響を受けやすい玄関や門は、完全に開かなくなることも珍しくありません。その場合は開かない原因について考えてみることが大切です。

錆ついたことによって、上手く回らなくなっているケースがとても多く見受けられます。その場合は強引に回すと悪化してしまう恐れがありますし、腐食が進んでいると鍵が中で折れてしまうこともあるので気を付けてください。

鍵屋に依頼する以外の修理方法としては、鍵と鍵穴の錆を落とすことが挙げられます。前者はクエン酸や歯ブラシを使って擦ると綺麗になります。

後者は潤滑油を使うことで解決する場合があります。

ホームセンターなどで鍵穴専用のものが売られているので、それを使って内部に浸透させると良いでしょう。CRC(556)などは、一般的に知られた潤滑油ですが、こちらはキーシリンダーが詰まる原因となりますので使用は控えましょう。

日頃のメンテナンスをしておくことで、鍵を少しでも長く使えるようになりますね。

鍵を失くしたら
まずは落ち着いて
こちらへ連絡


»鍵の110番へ問い合わせる«