中古車を

少しでも安く買いたい!

今のお車を何らかの理由で乗り換えたいとなったとき。そして、次に購入されるお車を中古車でお探しの時に、お役立て下さると嬉しいです。

中古車車両価格の値引き額って?

中古車を購入するとき、一番気になるのが

値引きの金額ってどれくらい?

かということでしょう。

一般的に中古車は新車と違い、

値引きを想定して価格設定されていない

ことが多く、店頭に並んでいる値段は割と利益が出るギリギリのラインで出されていることが多いです。

というのも、近年のインターネットなどの広告事情が良くも悪くも影響し、少しでも安く出さないことには買い手がなかなか現れないためでもあるのです。

同じ年式、似たような走行距離の中古車であれば、まずは安い方から声がかかる。いくら程度には雲泥の差が有ったとしても、実際の写真ではそれがわからないことが多いため、どうしても安い方から売れていってしまうのです。

こうしたこともあり、販売店がよほど売り急いだりする車でなければ、

価格は値引きできるものではない

と考えておくべきでしょう。

そして逆に、すぐに値引きを言ってくるような業者は、元々値引き前提で値段設定をしていることが多く、むしろ信用出来ないと解釈すべきと言えます。

値引き以上に大切なこと ~実質値引き額アップの方法~

1.諸費用の提示について

不明、不当な諸費用の記載をしている販売店からの購入は避けたほうが賢明です。

納車費用があるのに納車準備費用という項目もあったり、車両整備費用があるのに点検費用があるなど、明らかに諸費用項目の水増しをして、少しでもたくさんの諸費用を計上しようとしている業者からの購入は、できるだけ避けたいところです。

ですが中古車というのは、あくまで販売店と長く付き合っていくと思われる方と、販売店からは購入するだけで、それ以外の整備については自分で気に入ったお店を見つけたい、または自分で行いたいと思う方の二手に分かれます。

購入したお店と長くお付き合いがしたいと考えておられる方には、こうした販売店は避けるべきであると言えますが、車両の購入だけに特化して、後の付き合いを考えておられない方に於いては、車両購入金額の合計が予算の範囲内であれば、購入に踏み切っても問題ないとも言えるでしょう。

もっともこうした方は、中古車の相場から特性まで、よくよく知っておる方がほとんどですので、敢えてお話する必要もないかも知れませんが、ご自身の経験に合わせた購入スタイルを取るようにしましょう。

2.他店との競合

中古車購入に於いて、欲しい車両を他店と競合させることは、まったくとは言いませんが、実はあまり意味のないことだということをご存知でしょうか?

あの店に同じフィットが◯◯万円で!

と話そうものなら、

どうぞ、そちらでお買い求め下さい

なんて言われてしまう場合も。なぜなら中古車は、

一物一価(いちぶついっか)

といって、1つの物には1つの価格という概念から基づいて価格設定されています。

つまり、同じ車種で同じ年式、さらには同じ走行距離であっても、色や車検の残りによっても値段は異なりますし、見かけのスペックが全て同じであっても、高速移動の5万キロと、街乗りの4万キロでは、高速移動の5万キロの中古車の方が、高値がつくこともあるのです。

ですので、もしもお店の人に話すのなら

「他店で同じ車種が置いてあって、購入をどうしようか悩んでいる」

といった程度にし、あまり強固な姿勢で比較しすぎると、かえって追い返されてしまうかも知れないので注意が必要です。

見積もり時に安くするなら

1.車庫証明取得は自分で

普通車を購入するときには必ず必要なのが車庫証明。軽自動車でも提出は義務付けられていますね。

この車庫証明を、管轄の警察署へ提出するのを販売店に代行してもらうと、大抵

1万円~2万円前後の取得費用

を請求されます。

もちろん、これを自分でするのなら無料。ですが警察署は基本的に平日の朝9時から17時頃までしか対応してくれません。さらに土日はやってないので、家族や知人に頼める方はともかくですが、できない方は残念ですが代行してもらうしかないでしょう。

2.納車費用をカット

納車費用とは、

基本的には自宅まで届けてもらう費用

として成立した費用。

これを「取りに来るからカットしてくれ」と頼むのは、別に違法な値引き要求ではありません。

ですが最近、この納車費用をなかなかカットしてくれない販売店が増えています。

「納車費用とは納車にかかる整備費用」とか、「納車前の洗車清掃費用」だとか、いろんな理由をつけてなかなか値引いてくれません。

そこは、「1万円くらいのことだから…」として済ませるのか、「しょうがないから持ってきてもらうか…」と納得してしまうのか。。。

人それぞれではありますが、できれば明確に理由づけできない業者とは、付き合いは避けるべきであると言えるでしょう。

3.登録代行費用はカット不可

購入する中古車の登録代行費用とは、その車両の名義を、中古車の販売店、もしくは前オーナーより、購入者である私達に移転登録するための代行費用となります。

相場としてはだいたい2万円前後から5万円前後と幅広いですが、

2万円前後であれば比較的良心的

な価格設定をしている販売店であると言えるでしょう。

ただし、こちらの登録代行費は、

基本的には値引きは不可能

であると思っておくべき。

「自分で名義変更をするから」といっても、販売店の印鑑証明書や、ましてや前所有者の実印の押された委任状などを、古物商の資格もない人に、やすやすと手渡してはくれません。

あくまでここは、販売店が死守するべき砦となりますので、残念ですが値引きも難しいでしょう。

ですが車両価格が他店より相当低く設定されていて、こうした諸費用で儲けている販売店があるのも事実。そうした際は、総支払額で決めるしかないのですが、やはりこうした見せかけを安くしているような、半分騙しのような営業スタイルを取る販売店も、できるだけ付き合いは遠慮した方が無難です。

オプションごとに値引きを迫る

よく聞くオプションを付けて値引きを迫るという方法ですが、残念ながらこんなことをしなくても、ナビならナビ、その他アルミやバイザーなどなら、

同じ型番のものをAmazonや楽天で検索

してみる方が安かったりする場合もあります。

中古車店は、車の仕入れに関しては目利きができて当然ですが、パーツに関しては利益も少ないため、パーツ販売に力を入れている店は少なく、あまり積極的ではないことが多いのです。

ナビをこんなに安くしてもらった!と一時は喜んでみても、ネット通販でかなり安く取引されている事実を知って、あとで落胆することも少なくありません。

意外な落とし穴には気をつけたい。ですからオプションの価格表示があれば、

必ず品番をネット検索

して、本当に高いか安いかを調べる。これはとても大事なことですね。

条件指定で中古車を探してもらう

店頭に並んでいる中古車をたまたま見つけて購入する。

中古車選びをしているときは、たくさんの車が見れて、こうしたことも楽しいのかも知れませんが、ちょっと本気でクルマを探している場合にはちょっとナンセンス。

また時間的にもかなりのロス

が出てしまいますよね。

そんなロスを防ぐためにも、欲しい車がある程度決まっているような場合には、

希望の中古車を探してもらうように

してみましょう。

欲しい車が特に決まっていないときには、探してもらうところまでの話ではありませんが、だいたい漠然とでもおおまかに決まり始めたのなら、信頼できる販売店などに捜索を依頼してみて下さい。

すると大抵の場合が、自動車のオートオークションなるものから、希望に沿うような中古車を引っ張ってきてくれます。

ですがここで注意!

どうしても販売店は、ご希望の中古車を「仕入れて」くるために、いくばくかの仕入れ費用が発生してしまっているのが事実。

そうなると、もしも車が気に入らなくて要らないということになれば、販売店によってはちょっと顔色を悪くされることも。

ではそんなことにならないように、ガリバーのチャットサービス「クルマコネクト」に申し込んでみませんか?

このチャットサービスは、大手中古車買取店ガリバーが、完全無料で立ち上げた中古車紹介サービスなんですが、今までのしつこい営業電話がかかるようなクドイサービスではなく

運転しやすいかわいい車がいい

なんて漠然としたことでもいいので、それをチャットで伝えれば、担当者より

”こんなお車はいかがですか?”

なんて車の写真付きで返信がやってくるというもの。

返信は当然、電話ではなくチャットでのやり取りなので、自分の空いた時間に気が向けば返信することができますし、興味があれば自分の空いた時間で見に行く…。そんなことが可能なサービスなので、ちょっと便利ですよね。

もし、お知り合いの自動車屋さんがいないようであれば、試してみるといいでしょう。

→ガリバーのクルマコネクトを見る

条件指定で諸費用込みでの話に

こうして条件指定してクルマを購入する際には、基本的にはご自身の総支払予算を先に伝えてクルマを探してもらうこととなります。その際は、

予算を少し少なめに伝えるのがポイント

です。

50万円の予算があっても、40万円くらいで!と少しだけ少なめに伝えると、それに見合ったクルマを手配してくれます。

ですがあんまり少なすぎる予算を言ってしまうのも注意です。予算が少なすぎると、初めから相手にしてもらえなくなってしまうので、

総予算より10万円前後低いくらい

で予算を伝えるのが良いでしょう。

乗り換えの場合は今の車の値段も考えて

新たに中古車を購入するという際は、まったく関係のないことになりますが、乗り換えで検討されているようであれば、

今の車を少しでも高値で売却する

ことも考えるようにしましょう。

こちらで愛車を高く売る方法も記載しておりますので、併せてご覧下さい。

メーカーから中古車を探す

ガリバーのクルマコネクトを利用すると、メーカーから探すことも可能になります。

店頭に車が置いてあるのを見て回るのではないので、気に入ったメーカーの車種をと検討されている方にはちょうどよいサービスであると言えるでしょう。

トヨタのミニバンで!

とか、

軽ならスズキで!

と思われている方には、気に入ったメーカーごとの提案がやってきますので、是非にとフル活用してみましょう。

ボディタイプから中古車を探す

スポーツカーがいい!

5ナンバーのミニバンがいい!

そうやってボディタイプ別にお探しの方にもぴったりなサービス。

先ほどのメーカー別と違って、特にどこが作っているのかなどはこだわらないけど、セダンならセダン、軽自動車なら軽自動車でどんなのがあるのかを知りたいって方にもおすすめです。

ボディタイプごとに提案

してくれます。

価格帯から中古車を探す

こちらは何と言っても「捜索検索型」の醍醐味でもありますね。

通常、お店に並んでいる中古車というものは、お店側の売りたい価格帯や車種、メーカー等で揃えていくものですが、我々ユーザーの好みは千差万別。

一番多くの悩みがこの、価格帯の悩みであることは間違いないでしょう。

1.50万円まで
2.120万円まで
3.200万円まで

など、限られた予算の中で車を探し、その中で欲しい車をだんだん絞り込んでいく。

こうすることが、結果的に一番ご自身好みのお車を探す近道になるでしょう。

新車を買うか中古車を買うか登録済み未使用車を買うか

新車・中古車。。。

もちろん、予算が数十万円しかないと言われる場合には、まずもって新車などは対象外となりますが、数百万円と、そこそこの予算をかけてお車の購入をされる場合は、ちょっと手を伸ばして新車の購入に踏み切るか、中古車を購入するのか、はたまたかつては新古車と呼ばれていた、「登録済み未使用車」といわれる、限りなく新車に近い中古車を購入されるかでお迷いになることも出てくるでしょう。

そんな時のメリット・デメリットをお話しておきます。

1.新車を購入する

新車はその名の通り「新品」で、クルマで言えば「一度も誰の名義にもなったことのない状態のもの」を指します。

中にはディーラーで登録前に所有していて展示車として使っていたものの、しばらく時が経過して登録したという、いわば「型落ち」状態のものも新車といいますが、ここではそれらは除外してお話します。

新車を購入するメリットは、やはり誰のものにもなっていない状態のものがやってくるということと、

一番の現行モデルに乗れる

ということですね。

新車を購入した際の、周囲の羨望の眼差しは格別なもので、街中を走っていても、誰もが振り返ってくれるでしょう。

リセールバリューを考えよう

しかしその反面デメリットとして、どうしても当たり前のことですが、その車の最も高い時の値段で購入する必要があり、購入した値段以上に価値が上がることなど絶対にありえないという点です。

さらには、登録後納車されて、すぐに翌日に気が変わって売りに出したとしても、下取り・買取値は購入時の良くて8割、最悪不人気車の場合は

値段が半値近くまで落ちている

こともあります。

ですから、新車で購入を検討されている場合は、よほど欲しい車でない限り、人気のある車種であったり、人気のボディタイプやカラーを選ぶことが重要で、またそうした値下がりの早さにも充分な理解を示しておくことが大切です。

少しでも広い車が求められる今日では、セダンタイプの車を新車購入すると、売却時はほとんど値段がつかなくなってしまうことも。売る時のことを考えると、今の流行りで言えばミニバンを購入するなど、自分の好みよりまずはリセールバリューを優先させるようにした方が良い場合もあるということですね。

2.中古車を購入する

中古車は程度で言えばさまざま。厳密に言えば登録したもの全ては中古車扱いになり、1年落ちのまだ新しいものから30年以上経過した古い車でも、全てが中古車というくくりで表されます。

走行距離も少ないものから数十万キロを超えたものまでさまざまで、同じ車種でも車の程度によって値段がまるで違います。

そんな中古車を購入するメリットは、1世代や2世代くらい前のモデルでも、デザインや見栄えは全然問題ないものもあり、

格安な金額で購入することができる

ということでしょう。

一見見れば現行モデルでも、多少走行距離が進んでいるために新車の半値近い値段で購入できたり、さらには同じ車種でいえば、ベースグレードくらいの値段で

フルオプションの上級モデルが買える

など、一度人の手に渡ったことさえ我慢すれば、嬉しいことばかりなのが中古車。

ですがやはりデメリットと言えば、どうしても人が乗ってた後の車なので、「他人の手垢」が気になるということと、走行距離が進んでいることで、少しでも車の壊れやすさが心配になるということですね。

また、人気車種や海外へ貿易輸出されていく車であれば思ったほど価格も下がっておらず、

お買い得感は人気車種ほど強くない

といえるでしょう。

→中古車ならもちろんガリバー

3.未使用車(新古車)を購入する

そんな新車のメリットデメリットと、中古車のメリットデメリットをうまく中和してくれているのが新古車…、最近の表現でいう「未使用車」でしょう。

未使用車は、一般的には登録前の新車のことを指しますが、販売店名義などに登録しただけで、

ユーザーの手に渡っていない状態

の車のことも指します。

年式は数ヶ月前に登録しただけのものが多く、走行距離も一般的に数十キロから、多くても数百キロ未満のものが多く、主に回送で動かされただけのものと思って良いでしょう。

そんな未使用車のメリットと言えば、

限りなく新車に近い状態である

ということと、保証もしっかり新車並みに受けられるということなど、新車より安い購入価格の割には、内容的にはほぼ新車と変わらないことに尽きるでしょう。

ですがデメリットとなると、やはり完全なる新車ではないので、展示中にいろんな人の手で触られていることや、人気車種によっては価格もほとんど安くなっていない場合などがあります。

こうしたことを踏まえながら、自分にはどんな状態の車が向いているのかを、じっくりと検討するようにしましょう。

→登録済み未使用車ってある?と聞こう

それぞれの買い方まとめ

新車

→人気車種や人気の色を購入する場合や、少々高くても新しいものがいいと思われてる方に。

中古車

→不人気車両や不人気カラーを格安で程度の良いものを購入する場合や、他人の手垢を気にされない方に。

登録済み未使用車

→その中間。

中古車の買い時

よく、決算月や上期と下期の切り替わりのタイミング!などと聞きますが、

買い時は特には存在しない

と思っておきましょう。

欲しいなと思った時が買い時です。なぜなら中古車相場というものは基本的にはどんどん下がっていくものであり、もし下取りや買取を希望するような車があって、それからの買い替えならなおのこと。

次の車の購入に、値段が下がるかも知れないからとずっと待っていても、

今乗っている車の値段も下がる

のです。

ですから買い時というのは、その車が欲しくなって

予算準備の見通しが立ったとき

であると思えばOKです。

ガリバーのクルマコネクト。

フル活用してみませんか?

→チャットで話してみるならこちら