一軒家を購入するのは皆さんの夢ですよね。

ただ、建てて終わりでなく住んでいくといろんな箇所の補修などが必要になってきます。

今回は家の顔である

外壁塗装の耐用年数の目安

について紹介します。

塗料にも様々な種類があり、それによって年数も変わってきます。

現在はシリコン系が主流になっており、

約10年くらいで外壁塗装工事が必要

になります。

外壁の塗装には30坪で約60万円ほどかかります。

外壁の

維持費用をできるだけ抑える

には耐用年数の違いによっても塗り替えの回数が変わりますので慎重に決めましょう。

塗料を選ぶ際にも、耐用年数が短く安い塗料を使用して短い期間で塗りかえを行うか、耐用年数が長くて高いものを使用して長い期間で塗り替えをするか2つに選択肢になります。

そこでおすすめなのが、

シリコン系塗料

ラジカル系塗料

なのです。

このふたつは

耐用年数も長くコストも安い

ので10年単位の外壁工事だとしても、満足のいく結果になります。

外壁塗装、屋根塗装をしないと家はダメになる

外壁や屋根は、家の一番外側で風や雨、湿気やさまざまな汚れにさらされています。

当然、それらの塗装は、

年月が経つとどうしても劣化

していきます。これはどんな素材の塗装であっても避けられないことです。

劣化が進んで外壁や屋根が傷んでしまうと、その傷みから雨水や汚れ、湿気などが侵入します。

それによって

家の内部の腐食

が起こります。

その結果、雨漏りなどが起こることになります。

腐食の状況によっては外壁が剥がれ落ちるといったことも起こります。

また、腐食がさらに進んでしまうと、家の本体を支えている重要な部分まで傷んでしまい、

家が傾くといった事態につながることもあります。

そうなると大幅なリフォームや建て替えが必要になってしまいます。

ですから、

定期的に外壁塗装や屋根塗装を行う

ことはとても重要なのです。

適切な期間ごとにしっかりと塗装

を行えば、傷みを食い止めることが出来ます。

それが家を長持ちさせることにつながるのです。

塗装しなかった場合はどうなるの? 外壁塗装をしなかった時、どうなっていくのでしょうか?

外壁塗装の必要性は、意外なほど一般的に浸透していません。

しかし定期的に実施しないまま

放置していると深刻な事態

に陥ることもしばしばです。

そもそも外壁は常に紫外線や雨の影響を受けるため、経年劣化は避けられません。

もちろん人間のように自己修復できるはずもないため

状態は悪化していく一方

です。

外壁にひび割れや苔が生えるようになると危険信号といえます。

たとえ見た目には問題なくとも劣化により

密かに亀裂や破損が進んでいる

ことも珍しくありません。

そうなれば

内部にまで水分が侵入する

ようになり、腐食が進むようになってしまいます。

建材にまで悪影響が及ぶのは時間の問題といえるでしょう。

きちんと外壁塗装をしておけば

劣化部分は修復され、紫外線への耐性も高まります。

結果的に家が長持ちする

ようになるためコストパフォーマンスも良好です。

当然ながら正確に施工されなければ十分な機能は発揮されませんから、手がける専門店もしっかり選びましょう。