不動産買取

では、仲介と比べると

簡単な手続きで入金まで完了する

ことができます。

不動産買取の場合の手続きの流れについて大まかに把握しておきましょう。

①査定業者による物件価格の査定

まずはあなたの

不動産をいくらで売るのか?

を決める必要があります。

買取を選択した場合には

仲介の場合の7割程度の金額

となることが多いですが、

専門の買取業者に依頼する

ことで高値を付けてもらえる

可能性があります。

できれば複数の買い取り業者

とコンタクトを取り、買取金額を査定してもらいましょう。

最近ではインターネット経由で不動産買取額を査定してもらえる専門サイトもありますから、

利用してみることをおすすめします。

②買取業者の選定

査定によってあなたが

納得のいく条件で買取

をしてくれる不動産業者が現れたら、

その業者との

買取交渉を進めていきます。

③物件の引き渡し条件を決める

買取してもらう候補の業者と

物件引き渡しの条件

を決めていきます。

例えば、

物件内部の家財道具や、

空調設備などの処分

をどうするのかといったことを具体的につめていくことになります。

④売買契約書の作成と締結

買取金額や物件引き渡しの

条件について双方が合意

できたら、いよいよ

売買契約書を作成

して契約を締結します。

物件引き渡しと代金の入金

売買契約書の内容に基づき

物件の引き渡しと物件代金の入金が行われます。

あなたは現金を手にし、

不動産業者は物件の所有者になります。

おすすめの記事