査定こちらのページで生活保護を受給するための条件について説明して参りました。

ここからはもう少し詳しく、その条件の中にある資産の売却・処分について詳しく説明していきます。

上の項で、資産には不動産や車が含まれると説明しましたが、中には例外があります。

資産を処分しなくても良いケース

を、もう少し詳しく話していきます。

不動産を所有していても認められるケース

不動産を所有していても、生活保護の給付が認められるケースとしては、生活保護受給申請者が

  • 住んでいる不動産の住宅ローンが無い
  • 残りの返済額が少ない場合
  • 家の所有者でもそこには住んでいない場合
  • 売却したとしても大したお金にならない場合

などがその対象となりますが、前述の通り、価値がある場合には売却しないといけないケースが大半であることは、説明させていただいたとおりです。

⇒ 不動産の価値を調べてみる

車の所有が認められるケース

続いて車の所有が認められるケースとして、

  • 仕事のためにどうしても必要な場合
  • 山間部などに住んでいて生活に必要な場合
  • 僻地移動のためにやむを得ず必要な場合

など、こういった例外はあるのですが、やはりほとんどの場合、生活保護を受けたい人は不動産や車などの資産を売却・処分する必要があることが多いようです。

⇒ 車の価値を調べてみる

資産価値が高い不動産や車を持っていると、売却すれば生活費に充てられるだろうと判断され、その資産を持っているうちは生活保護の申請をしても却下されてしまう可能性が高いです。

不動産や車だけでなく、お金に変えることのできるブランド品、高価な時計、宝石、美術品、高級家具を持っていると生活保護申請が却下されてしまう可能性が高くなります。

ブランド品 骨董品 着物
≫詳しく見る≪ ≫詳しく見る≪ ≫詳しく見る≪
アクセサリー 古銭 総合買取
≫詳しく見る≪ ≫詳しく見る≪ ≫詳しく見る≪

生活必需品その他パソコンやスマートフォンなどは、売ればお金になりますが、生活や仕事をする上で必要不可欠と考えられているので、1台持っている分には問題ありません。

複数台持っている場合は、1台だけ残して他は売却・処分する必要があります。

可能な限り全ての資産を売却・処分しても、それでも生活に困るという場合でないと生活保護は受けられません。

ではペットはどうなのかというと、犬や猫を飼っていても問題ありません。
ペット
調理器具、冷蔵庫、エアコン、掃除機などは生活する上で必要な電化製品なので持っていても大丈夫です。

ベッド、テーブル、椅子などの生活に必要な家具に関しても売却・処分する必要はありません。美容家電などは生活には必要ありませんが、売却したとしても大したお金にはならないので、売却・処分する必要はありません。

生活するために必要最低限のもの以外でお金に替えられそうなものは、生活保護の申請をする前に売却・処分しておいた方が良いでしょう。

生活保護メニュー

閲覧数最多!!
受給条件は??
知らなきゃ!
申請方法
どのくらい
もらえるの?
受給条件受給条件
を見る
申請方法申請方法
を見る
受給金額受給金額
を見る
家賃は
どれくらい??
年金も一緒に
もらえるの??
医療費や
介護保険は??
家賃は家賃に
ついて
年金について年金に
ついて
保険について保険等に
ついて