特殊清掃は清掃業の一種で、さまざまな理由で遺体の発見が遅れたことによって、居室の状態が著しく悪化した場合の原状回復をサポートする仕事を指します。

今後の需要は増え続けると見込まれていることもあり、特殊清掃業者も増えました。

そこで今回は、特殊清掃に依頼できる仕事内容やおおよその費用目安、特殊清掃業者を選ぶときのポイントを中心にお伝えします。

特殊清掃でお困りの
大家さんたちが活用中!→ https://www.tokusyuseiso.com
個人では手に負えないお部屋に
ぜひご活用ください。

特殊清掃業者へ依頼できる仕事内容

特殊清掃という言葉に対する認知度は近年高まりつつありますが、業務の詳しい内容については分からないという方がほとんど。

いざというとき困らないために、特殊清掃業者へどのような仕事を依頼することができるのか把握しておきましょう。

部屋の原状回復

1番多くなると考えられるのが「部屋の原状回復」。死亡原因にかかわらず、遺体発見が遅れてしまった場合は特殊清掃が必須です。

遺体発見が遅れる理由は自死や事故死などもありますが、近年は独居老人が増えているということもあり、事件性がなくても特殊清掃が必要な状況が多く見られます。

時期によっては3日程度でも遺体の腐敗は進み、臭いが発生してしまいます。一見、それほど部屋が汚れがひどくないようでも、実際には床まで体液などが染み付いてしまっていることもあり、こうなってしまった場合はプロに任せなければ汚れを正しく除去することはできません。

賃貸物件の場合、遺族がどこまで部屋を原状回復させるのか管理人と話し合わなければいけません。特に自死の場合は、管理会社からの特殊清掃に関する要望は確実に答える必要があります。

部屋の原状回復の主な流れは以下の通り。

1体液や汚物などの洗浄

床などに残った体液を洗浄します。これらの汚れの除去は、それぞれに合わせた特殊な洗浄液が必要となるので素人では洗浄できません。必要があれば絨毯を剥がしたり家具を移動させ、下に染み込んでしまった汚れも丁寧に洗浄されます。

建物の基礎まで汚れが入ってしまい染みが取れない場合は、解体・リフォームを考えることも必要です。清掃後の解体になると、どちらの作業の費用も必要となってしまうことから、初めから解体を念頭に入れて作業を進めることで費用を抑えることもあります。

2害虫駆除

遺体の発見が遅れるほど害虫が増えます。

周囲の住居へ迷惑をかけることになるのはもちろん、衛生面や悪臭などの悪影響もあるため、徹底した駆除が必須です。

3消毒・除菌・消臭

体液などによる感染症を防ぐため、防護服を着用の上で特殊な薬剤や脱臭装置を使った作業が行われます。薬剤や消毒剤の種類は業者によって成分が異なるため、料金の差が1番大きくなるのが消毒などの一連の作業と言えるでしょう。

臭いが残っていると不動産売却もできず、賃貸の場合は管理人から苦情がくることも考えられます。数日後に臭いが再発生してしまうこともあるため、消臭は特に入念な対応が必要です。

後のトラブルの原因としないためにも、値段だけに惑わされず作業に手を抜かない業者選びを心掛けましょう。

家財道具の撤去

特殊清掃が必要になった部屋では、体液などが染み付いたベッドやカーペットをはじめ、床材などの廃棄物が多く出てきます。

特殊な汚れが付着したものは、普通に燃えるゴミや大型ゴミとしては処分することができません。廃棄方法が異なるこれらの家具も、特殊清掃業者へ撤去・処理の依頼をすることができます。

特殊清掃の際は全ての家財道具を搬出して作業に入りますが、遺品整理を含めた依頼をしていた場合は、この時点で遺品整理も同時並行されます。

遺品整理

特殊清掃業者と遺品整理業者は混同されがちですが、必要なスキルが異なるため全く違う業種となります。ですが、特殊清掃業者の中には遺品整理業者を含めて作業依頼をすることができるので、必要があれば併せて依頼検討してみましょう。

必要品と不用品を分ける基本的な作業から、買い取りできるものを分けたり処分を請け負っている業者もあります。遺品買い取り自体を請け負っている業者もあるので、対応している業者であればそのまま買い取り手続きへ進めることも可能です。

→ 遺品整理も可能な業者へ相談するなら

特殊清掃に必要な費用

特殊清掃に必要な費用は、依頼内容や部屋の状況によって大きく変わります。

業者によっても作業費用は異なりますが、基本的な目安金額は以下の通り。

床上清掃 30,000円~
害虫駆除 10,000円~
除菌消臭 10,000円~
汚物撤去 10,000円~

特殊清掃は作業内容で費用が大きく異なるため、明確な料金設定は行われません。ですが、よほどの状況でもない限り、特殊清掃はそれほど大きな金額とはなりません。

また、業者によっては一連の作業をまとめたお得なパック料金を用意していることもあります。

料金が高くなる場合

特殊清掃はそこまで高額な費用を要しませんが、場合によっては高額になってしまうことも。

主な理由は

  • 不用品が多い
  • 数日を要する
  • リフォームが必要
  • 特殊オプション

など。いわゆるゴミ屋敷のように、処分する必要がある不用品が非常に多い場合は、処分費用・運搬費用の関係から料金は割増になります。

また、体液などの汚れの染みや悪臭によっては、1度の清掃や消臭では除去が難しいことも。清掃の日数が増えるとそれだけ人件費がかかるため、期間が長引くほど費用も大きくなっていきます。汚れが軽く不用品が少ない状態であれば、通常の特殊清掃に要する時間は半日程度です。

床下などの奥まで染み込んでしまった汚れは、床を剥がさなければ作業ができません。床材・壁材などを取り替える範囲が大きいほど高額になります。また、コンクリートの清掃はコーティング剤の塗布など、一般的な床以上に手間がかかることから費用が高くなる傾向にあります。

特殊オプションとして挙げられるのは、葬儀会社の紹介、遺品整理、廃車手続きなど。特殊清掃以外のさまざまな業務を請け負っている業者の場合に発生する料金です。

特殊清掃業者を選ぶときのポイント

特殊清掃はなるべく早く進めなければいけませんが、何も考えずに業者選びをしてしまうとトラブルにつながってしまうことも

作業が終わったあとに高額な追加料金を請求されたということにならないためにも、

事前の見積もりと作業内容の確認は必須

です。

特殊清掃にかかる総費用や作業内容などは、事前に必ず確認しておきましょう。

特殊清掃隊』のように、事前調査や見積もりを無料で請け負っている業者もあります。問い合わせや相談ももちろん無料なので、まずは電話問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

特殊清掃でお困りの
大家さんたちが活用中!→ https://www.tokusyuseiso.com
個人では手に負えないお部屋に
ぜひご活用ください。

見た目の安さだけで選ぶと危険…?!

特殊清掃業者を選ぶ時は、値段の安さだけに注目しないようにしましょう。

一見すると安い金額でも「別途費用がかかることもあります」といった見積書に書かれているケースもあります。

現地調査しているのであれば、費用はある程度分かるはずなので、別途費用がかかると言われたら「どこにいくら費用がかかるのか知りたい」と伝えましょう。もし回答が得られない場合は、その業者へは依頼しないことをお勧めします。

また、経験が仕上がりに大きく関わってくる業種でもあるので、実績や評判が確かな業者を選ぶことも大切です。実際の事例と費用を掲載している業者もあるので、そうした情報を参考にしてみると分かりやすいと言えます。

特殊清掃業者選びに悩んだときは、安心の評判と実績のある『特殊清掃隊』へ連絡をしてみてはいかがでしょうか。

特殊清掃の記事一覧