トイレリフォームのタイミングはいつ?

トイレリフォームのタイミングは、壊れてからでは遅いです。

トイレリフォームのベストなタイミングはいつかというと、寿命を迎えたとき…、寿命はだいたい20年程度と言われています。20年目を目安にリフォームを考えてみましょう。

トイレは毎日使うものですので、知らず知らずのうちに劣化が進みます。家族が多い家庭で使う頻度が高い場合は、劣化も進みやすくなります。

便器自体は丈夫ですので20年程度で壊れたりすることはほとんどありませんが、タンクや便座やウォシュレットなどは使えば使うほど劣化が生じ、水が流れにくくなったりタンクから水漏れしたり、排水部分から水が浸み出したりなどの不具合やトラブルが発生するリスクが高くなります。

壊れて慌てて修理するのではなく、トイレの寿命を考えて余裕をもってリフォームを行うのがベストな方法です。

トイレは機能的で快適なものにどんどん進化していますので、新しいものに取り替えて生活もリフレッシュさせましょう。

トイレリフォームの記事一覧