外壁ヒビ割れのヘアークラックとは

地震の影響などで外壁の表面にヒビが入ってしまうことがあります。

外壁ヒビ割れの現象をクラックと呼び、場合によっては業者に修理を依頼する必要があります。

ヒビ割れには段階があり、

軽度のヒビ割れは、

ヘアークラックヘアクラック

と呼びます。

ヘアクラックとは、塗装部分に

髪の毛のサイズの線が入るクラック

のことで、この程度なら塗装で埋めることは十分に可能です。

0.3ミリ以上の場合は、

モルタルまでヒビが入っている可能性

があります。

モルタルまでヒビが入ってしまうと、雨水が入ってしまい、

内部が腐ってしまうかもしれません。

早急に業者にチェックしてもらうことをお勧めします。

クラックの方向にも注意する必要があります。

縦方向の場合は雨水が入りにくいですが、横方向の場合雨水が入りやすいため、放置せずしっかりとチェックする必要があります。

業者にお願いすると、シーリング材やフィラー下塗りし、塗装をしてもらうことができます。

外壁ヒビ割れのヘアクラックの原因と対策

外壁にコンクリートやモルタルを用いている住宅がありますが、経年劣化によって数年が経過してしまうと外壁ヒビ割れが目立ってしまうことがあり、

ある意味では避けることが困難になる現象

があります。

いわゆるヘアクラックと呼ばれているものが主流とされており、

髪の毛のような細いヒビ

が出来てしまう現象です。

この原因についてはモルタルやコンクリートの場合、

気温やあらゆる天候で伸縮してしまう

ケースが目立ち、その際に外壁ヒビ割れが発生してしまいます。

地震や土地の振動についても原因

の一つと考えることができますが、

ヘアクラックの場合では大きな地震が発生しなくても出来てしまうことが多いものです。

対策を考えた場合、

避けることが非常に難しいので

専門家に相談すことが基本です。

例えば外壁を定期的に塗り替えをすることも一つの対策になり、

柔軟性を持った塗料を用いることで防ぐことができる可能性もあります。

既にヘアクラックが出来てしまっている場合でも、専門家では補修をする技術を持っているので安心です。

→ クラック修復業者を探してみる

外壁ヒビ割れの乾燥クラックとは

外壁を見るとひび割れしているのを見つけたことはありませんか。

外壁ヒビ割れは種類があります。老朽化だけではありません。

ヒビ割れのことをクラックと呼びますが、

乾燥クラックがあります。

乾燥と聞いてもわかりにくいかもしれません。

乾燥クラックとはどのようなことでしょうか。

乾燥クラックとは、

モルタルなどの湿式工法の外壁材は乾かすのですが、

完全に

乾燥する時にヒビが割れる

ことです。

ヒビ割れの幅が狭いことが特徴です。

完全に乾かすとヒビ割れしなくて済むので

気を付けていれば防ぐことができます。

他にもいろいろな予防策があります。

外壁ヒビ割れはそれほど珍しいことではありません。

乾燥クラック以外にも構造クラック

などもあり、それぞれ予防策が異なります。

もちろん、外壁にヒビが入らないようにするためにも業者は細心の注意を払って作業する必要があります。

素人から見ると、どれも同じように見えますし、乾燥が原因とは想像しにくいかもしれません。

外壁ヒビ割れの乾燥クラックの原因と対策

外壁ヒビ割れは症状によっては非常に危険

を伴いますので、そうした症状が見られたら

早急に対処する必要があります。

中でも

乾燥クラックは比較的多く発生する

クラックで、放置しておくと重大な事故につながりかねませんので、注意が必要です。

完全乾燥収縮前にその表面に塗装して模造しますと素地の収縮につれて追随できなくなった塗装にヒビ割れが発生します。

乾燥クラックはそのヒビ割れ幅が狭いのが原因です。

対策としては

微弾性フィラーを下塗りする

か、

シーリング材のすり込み後、微弾性フィラーを下塗り

する、もしくは

エポキシ系充填剤の注入後に微弾性フィラーを下塗り

する、などといった方法が考えられます。

こうした対策はいずれもそれなりのスキルが要求されますので、

専門の会社に依頼することが必要です。

専門の会社では数多くの施工実績がありますので、迅速かつ的確に対処することができます。

無理に自力で対処してしまいますとかえって症状を悪化させていしまいますので、決して自力でしないことです。

→ 外壁クラックのかんたん見積もり

外壁ヒビ割れの構造クラックとは

外壁ヒビ割れは家の劣化などに伴って発生しますが、その中の1つとして構造クラックがあります。

構造クラックとは

建物の壁や基礎部分に入るヒビ割れ

であり、ヒビ割れの幅が0.3ミリ以上、その深さが5ミリ以上のものです。

表面のヒビ割れだけでなく、内部まで貫通していることから中の

鉄筋に雨水が侵入する

ような状態になっています。

ここから雨水が侵入していくことで内部の鉄筋が錆付き、広範囲にヒビが入るような状態を誘発します。

構造クラックが発生する原因は様々ですが、

設計時点での欠陥や手抜き工事

経年劣化などの問題や地震

地盤沈下などが考えられます

欠陥だった場合には工事の請負業者が補修工事を無償で引き受けることもあります。

このまま放置していれば、建物全体に大きな影響を及ぼすことから、

早急な補修工事が求められます

ちなみに、このサイズより小さいヒビ割れはヘアークラックと呼ばれていますが、その時点でケアをすることが大事です。

外壁ヒビ割れの原因と対策

外壁ヒビ割れには、4つの種類があります。

まず最初は

ヘアクラック

といい、表面に髪の毛のような細いヒビが入ったものをいいます。

原因として、経年による劣化や塗装作業の不備、塗装材のミスが挙げられます。

対策としては劣化や不備に関しては上から

新しく塗り直す

だけで済むのですが、

塗装材のミスは全面剥離

の必要があります。

続いては

乾燥クラックです。

塗装材が乾き、水分が蒸発することで収縮するのが原因で発生するヒビ割れです。

対策は、まず

エポキシ系充填剤を注入し

微弾性フィラーを下塗り

したあと

弾性仕上げ材を塗装する

のがベストな対策となります。

3つ目は

構造クラック

といって、建物自体の欠陥や凍結と融解の繰り返し、建物の沈下が原因となります。

この場合建物自体の構造を補強

しない限り外壁材へ歪な力が働き続けます。

力が働き続ける外壁材には、

シーリング工事が効果的となります。

最後はは縁切れによる

クラック

です。

塗装中一時作業を中断した場合や、一部だけ新しく塗り直した時にできるヒビ割れです。

対策は構造クラックと同じ

で構いません。

以上が外壁ヒビ割れの4つの原因と対策となります。