マンション生活保護では、生活費とは別に「住宅扶助」として家賃を払うための費用も支給されます。

毎月の賃貸料だけでなく、入居するときに必要な敷金・礼金、地代・賃貸借契約の更新手数料も支給されますし、住んでいる家の改修や補修が必要なときにはその費用も支給されます。

その人が住んでいる地域の標準的な住宅に住めるよう、費用が支給されるのです。

ただし、支給される家賃には上限があります。地域によって基準額が決められているので、その基準額の1.3倍までは扶助されることになっています。

住む家の家賃が、住宅扶助として支給される基準額を超えた場合、超えた分の金額は自己負担になってしまうので注意が必要です。

ここで、「それなら自己負担でいいから、高級物件に住みたいな」なんて思った人もいるかもしれませんが、そういう場合は福祉事務所から指導が入ります。住宅扶助を受け取りながら高級物件に住むのは不可能です。

住む家の家賃が、各自治体が決める基準額の上限を超えた場合には、基準額の範囲内の家賃の物件に引っ越すことができます。

※引越しの費用も行政が負担してくれます。

引っ越しの際はこちらから。
たくさんの業者の中から
優良業者を探せます

≫引越し業者を比較する≪

注意点としては、家賃以外にかかる費用(管理費、共益費、駐車場代、電気・ガス・水道代)は住宅扶助として支給されません。生活保護として受け取るお金の中で、上手にやりくりして支払う必要があります。

生活保護メニュー

閲覧数最多!!
受給条件は??
知らなきゃ!
申請方法
どのくらい
もらえるの?
受給条件受給条件
を見る
申請方法申請方法
を見る
受給金額受給金額
を見る
家賃は
どれくらい??
年金も一緒に
もらえるの??
医療費や
介護保険は??
家賃は家賃に
ついて
年金について年金に
ついて
保険について保険等に
ついて